AI×ブログ

【ChatGPTユーザー必見】使えないと感じる9つの理由と効果的な解決策

2023年3月31日

ChatGPTが使えない9つの原因と解決策
悩んでいる人
ChatGPTって世間が言うほど使えない気がします。皆さんはどのようにChatGPTを上手く活用しているのでしょうか?

 

こんな疑問にお答えします

 

本記事の内容

  • ChatGPTが使えないと言われている理由と解決策の紹介

 

本記事の執筆者

NaoYamaBlogの運営者「なおやま」の紹介

なおやま(@naoyama_san

 

最初にChatGPTを使ってみた時、単なる自動応答のツールだと思いました。

 

期待とは違う回答が返ってきたため、使うのをやめようかと考えたこともあります。

 

しかし、徐々にその使い方を理解し始めると、問題点はありつつも、インターネットの未来を変える可能性があると感じ、今ではすっかり魅了されています。

 

この記事では、ChatGPTを「使えない」と見なす方々に、少しでも「夢のあるツール」と考えてもらえるよう、問題点と解決策を紹介しています。

 

以下の方々に向けて書かれています。

  • ChatGPTに懐疑的な方
  • 使いこなすことに興味がある方

 

記事の最後まで読んでいただければ、ChatGPTをもっと上手に使いたくなるでしょう。

 

 

ChatGPTは使えないと思ってしまう9つの原因と解決策

ChatGPTは使えないと思ってしまう9つの原因と解決策

新しいツールが登場しても、最初から完璧なものではないことがよくあります。

 

たとえば、iPhoneを考えてみましょう。

 

現在では欠かせない便利な存在ですが、10年前は様々な問題がありました。

  • カメラの性能が低く、画質もよくなかったため、写真がぼやけがち
  • バッテリーの持ちは悪く、頻繁に充電する必要があった
  • 複数のアプリを一度に開くことができなかった
  • 3Gネットワークのみに対応

 

しかし、時間が経つにつれて、iPhoneは多くの面で改良されました。

 

今ではカメラはもちろん、高品質な動画撮影も可能です。

 

バッテリーの持ちも良くなり、多くのアプリを同時に使えるようになりました。

 

ChatGPTも同じです。

 

現在、改善の余地があると感じる点もあるかもしれません。

 

しかし、今後のバージョンアップで、より使いやすく進化していくでしょう。

 

僕たちも、ChatGPTの成長を暖かく見守りましょう。

 

2023年3月時点でのChatGPTには、いくつかの課題があります。

  1. 適切な回答が得られないことがある
  2. 質問の仕方が分からないことがある
  3. 回答が不十分なことがある
  4. 回答が信頼できないことがある
  5. ネットワーク接続が不安定なことがある
  6. 語学力が不足していることがある
  7. 回答が遅いことがある
  8. 利用制限がある
  9. 回答が難解なことがある

これらの課題について、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

【ChatGPTが使えない理由】適切な回答が得られない

X(旧:Twitter)で「ChatGPTは面白い」とか「何でも答えてくれる」という声をよく見かけるようになり、僕も使ってみることにしました。

 

》【今さら聞けないChatGPTの登録方法】ブログで成功するための第一歩

 

あわせて読みたい
【今さら聞けないChatGPT(チャットGPT)の登録方法】ブログで成功者になるための第一歩
【今さら聞けないChatGPTの登録方法】ブログで成功するための第一歩

 

登録して初めて感じたのは、「思ったような答えが得られない」点です。

 

これには、主に3つの理由が考えられます。

  1. ChatGPTのデータに限界があるから
  2. 質問が曖昧であるため、回答が不適切であるから
  3. 質問に対する回答が自分の期待に添っていないため、適切でないと感じるから

 

回答を得るためには、詳細な情報を提供することが大切です。

 

具体例や背景情報を添えることが、必要な情報を得られるのです。

 

回答が不十分な場合は、さらに詳しい説明を求めることで、望む回答を得ることができます。

 

人に質問やお願いをする際には、

  1. 具体的に伝える方法
  2. 漠然と伝える方法

の2つがあります。

 

ChatGPTは、漠然とした質問には弱いです。

 

具体的な情報を伝えることで、期待する答えが得られる可能性が高くなります。

 

また、ChatGPTには何度も質問できるので、遠慮せずに質問を重ねることができます。

 

これらの方法を試すことで、「適切な答えが得られない」という問題を解決するかもしれません。

 

【ChatGPTが使えない理由】質問の仕方が分からない

質問の仕方が上手くいかず、「ChatGPTから期待している回答を得るのが難しい」と感じることがあるかもしれません。

 

その理由は、次のようなことが考えられます。

  • 自分が欲しい回答をはっきりと表現できていない
  • 質問のテーマについて知識が足りず、何を聞けばいいか分からない
  • ChatGPTの回答生成の仕組みを理解していない

 

これを解決するには、まず自分が何を求めているのかをはっきりさせることが重要です。

 

次に、効果的な方法としては、以下があります。

  • 具体的なキーワードを使って質問を組み立てる
  • 質問する前に、そのトピックに関する情報を調べる
  • ChatGPTの仕組みについて理解を深める

 

例えば、「自動運転の技術について知りたい」と思った場合、次のような質問が効果的です。

 

「最新の自動運転の技術に関する進展について教えてもらえますか?」

 

このようにすることで、より適切な回答を得られます。

 

【ChatGPTが使えない理由】回答が不十分

ChatGPTを使っていて、答えが不十分だと感じる時は、いくつか理由があります。

  • 回答が曖昧で、はっきりとした解答が出ないことがあるから
  • 答えが適切でも、もっと詳しい説明が欲しいと思うこともあるから
  • 答えがあまりにも簡単で、疑問を解決するには物足りないから

 

これらの問題を解決するためには、次のような手段があります。

  • 具体的な質問をすることで、明確な回答を引き出すようにする
  • 詳細な質問をすることで、より深い答えを得るようにする
  • 回答が不十分だと感じたら、追加の質問をして、補足の説明を求める

これらの方法を試せば、より満足のいく答えが得られるでしょう。

 

【ChatGPTが使えない理由】回答が信頼できない

情報源の信頼性についての不安

ChatGPTが提供する回答は、様々な情報源から得られたものをもとに生成されます。そのため、情報源の信頼性に疑問を持つことがあります。

 

ChatGPTが誤った回答を提供する可能性があることへの不安

ChatGPTは膨大なデータをもとに回答を生成するため、時には誤った回答を提供することがあります。そのため、回答の正確性に疑問を持つことがあります。

 

知識や専門知識が必要な質問に対する回答の不安

ChatGPTはある程度汎用的なモデルであるため、特定の知識や専門知識が必要な質問には回答できない場合があります。

 

以上のような理由から、「ChatGPTからの回答は信頼できない」というユーザーが一定数存在すると思われます。

 

これらを解決するための解決策としては、以下のようなものが考えられます。

 

情報源の信頼性について明確にすること

ChatGPTが使用する情報源の信頼性について、明確に説明することで、ユーザーの不安を解消できます。
専門知識が必要な質問には、専門家の意見を取り入れることが必要です。
ChatGPTが回答を提供できないような専門知識が必要な質問には、専門家の意見を取り入れることで、より正確な回答を提供できるでしょう。

 

信頼性の高い情報源からの学習データを増やすこと

ChatGPTの学習データには、様々な文献やサイトから取得されたデータが含まれていますが、その中でも信頼性の高い正確な情報源からのデータをより多く取り入れることで、より正確な回答を返せるかもしれません。

 

回答の根拠を明示すること

ChatGPTが回答を出す際に、その回答の根拠となったデータや論拠を明示することで、ユーザーが回答の正確性を判断しやすくなります。

 

ユーザーからのフィードバックを取り入れること

ユーザーが回答に対して「正確ではない」というフィードバックを送信できるようにすることで、ChatGPTがより正確な回答を返すようになるかもしれません。
ChatGPT側では、フィードバックに基づいて回答の精度を向上させることができます。

 

【ChatGPTが使えない理由】ネットワーク接続が不安定

これは、我々ユーザーには解決できない問題です。

 

ChatGPTを運営しているOpenAIに解決してもらう必要があります。

 

【ChatGPTが使えない理由】語学力が不足している

ChatGPTの言語能力には限界があるので、いくつかの言語に関する回答が不十分な場合があります。

 

たとえ文法的に正確な回答をしても、時々不自然な表現が入ってしまうこともあります。

 

また、常識や状況を完全に理解できないため、時には適切でない答えが出ることも。

 

これらの問題を解決するには、ChatGPTに対してユーザーが積極的に意見や要望を伝えることが重要です。

 

ユーザーのフィードバックを受けて、ChatGPTはより正確で自然な回答をするように学習します。

 

また、ユーザーが具体的な質問をすることで、より良い答えが得られることもあります。

 

ChatGPT側でできる改善策としては、言語や文脈の理解を深めるためにモデルを改良したり、常識や状況を把握する機能を追加することが挙げられます。

 

ユーザーからの意見を積極的に集めて、学習データとして活用することも、ChatGPTの進化に役立ちます。

 

【ChatGPTが使えない理由】回答が遅い

ChatGPTの回答が遅れることにはいくつかの理由があります。

 

まず、質問を送信してから回答が出るまでの時間が長いと、ユーザーは待ち時間を感じることがあります。

 

さらに、多くの人が同時にChatGPTを使うと、サーバーに負担がかかり、回答が遅くなることがあります。

 

これらの問題を解決するためには、OpenAIがサーバーを強化したり、プログラムを改善したりする必要があります。

 

迅速な回答を求めるユーザーには、有料版の「ChatGPT Plus」への登録をお勧めします。

 

》ChatGPT Plus ガイド:課金のメリット・デメリットまで徹底解説

 

あわせて読みたい
ChatGPT Plus ガイド:課金のメリット・デメリットまで徹底解説
ChatGPT Plus ガイド:課金のメリット・デメリットまで徹底解説

 

【ChatGPTが使えない理由】利用制限がある

ChatGPTを使う際、無料版では質問の数に上限があります。

 

これを解決するには、料金を支払って制限をなくす必要があるのです。

 

「ChatGPT Plus」という有料プランに入れば、制限が軽減されます。

 

加入することのメリットは以下の4つです。

  1. 利用がピークの場合でも通常通りのスピードで応答
  2. 返答時間が短くなる
  3. 新機能や改善された機能が先に使える
  4. GPT-4の利用が可能

 

ChatGPT Plusの月額料金は、2024年1月11日時点で20ドル、日本円にすると約2,906円です。

 

【ChatGPTが使えない理由】回答が難解なことがある

ChatGPTを使っている人たちの中には、難しい回答に困っている方がいます。

 

これは、回答に難しい言葉や概念が含まれているためです。

 

さらに、ChatGPTが出す回答は、時に複雑で理解しにくいことがあります。

 

この問題を解決するには、ユーザーも努力が必要です。

 

質問する前に、何を知りたいかはっきりさせることが重要です。

 

また、難しい言葉や概念を知らない場合は、先に勉強することがいいです。

 

難しい言葉を知っている人でも、理解しにくい回答が返ってきます。

 

そんな時は、「小学生でも分かる言葉でお願いします」と伝えると、回答が分かりやすくなることもあります。

 

まとめ:ChatGPTは使えないと感じる9つの理由と効果的な解決策

ChatGPTをより使いやすくするためには、以下の方法を意識しましょう。

 

より具体的な質問をする

ChatGPTには豊富な知識が備わっていますが、あいまいな質問だと適切な回答を得られない場合があります。
具体的なキーワードや背景情報を含めることで、より適切な回答を得られる可能性が高まります。

 

質問の前に前提知識を伝える

ChatGPTは幅広い分野について知識を持っていますが、質問が専門的すぎる場合は回答が得られないことがあります。
そのため、事前に質問に必要な前提知識を伝えることで、より適切な質問ができるようになります。

 

回答に対してフィードバックする

ChatGPTは機械学習によって学習しています。
回答が不十分だった場合に、適切なフィードバックを与えることで、ChatGPTの学習が進み、次回以降の回答に改善が見られる可能性があります。

 

質問に関連する情報を提供する

ChatGPTには過去の情報も記憶しています。
過去の情報を提供することで、より適切な回答を得られる可能性が高まります。

 

回答を要約する

ChatGPTの回答は長くなる場合があります。
回答を要約することで、より効率的な情報収集ができます。

 

質問の言語を選択する

ChatGPTは複数の言語に対応しています。
質問の言語を選択することで、より適切な回答を得られます。

 

僕は個人的に、ChatGPTが登場した時にGoogle検索が登場した時と同じぐらい衝撃を受けています。

 

当時のGoogle検索は本当にひどかったですが、色々なアルゴリズムの変更を繰り返した結果、今ではユーザーが欲しい情報が素早く見つけられるようになっています。

 

ChatGPTも頻繁にアップデートしていくと思います。

 

2024年になって、「2023年のChatGPT」について話す機会があったら、「あの時のChatGPTはひどかったね」と言っているかもしれません。

 

もうしばらくChatGPTと付き合ってみましょう。

 

AIでブログ作成【1記事作成までの効率が格段に上がります】
あわせて読みたいAIでブログ作成【1記事作成までの効率が格段に上がります】

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なおやま

【IT業界歴20年目のWEB大好きマーケター】 ▶︎ WEBデザイナー → WEBディレクター → WEBマーケターに転身 ▶︎ WEBサイトに集客し、リアルの店舗に送客するビジネスが得意 ▶︎ アフィリエイト歴10年以上 ▶︎ A8アフィリエイター選手権でマスター級1位を獲得 ▶︎「Webマーケティングは面白さを当ブログで発信中

-AI×ブログ
-