ブログ

成功するブログの記事の文字数はこれだ!【文字数の目安が知りたい人へ】

2021年3月14日

ブログの最適な文字数とは【結論:あなたが書く記事しだい】
悩んでいる人
ブログの記事を書く上で文字数の目安を教えてください

 

こんな疑問にお答えします

 

本記事の内容

  • 文字数の目安は狙うキーワードによって異なる
  • 文字数が多すぎても良くない
  • 文字数を気にするより記事の中身を気にしましょう

 

本記事の執筆者

NaoYamaBlogの運営者「なおやま」の紹介

なおやま(@naoyama_san

 

ブログを書く時、よく考えるのが「記事の長さはどれくらいがいいのか」という疑問です。

 

これに対する答えは、「あなたが書く内容によって変わる。」になります。

 

ただ、この回答だと、「こんな当たり前のことを言われても困る」と不満に思うかもしれません。

 

そこで、この疑問に対する理由を丁寧にお話ししますので、ぜひ最後までお読みください。

 

 

ブログの記事の文字数とは【目安は?】

ブログの記事の文字数とは【目安は?】

まず、SEOの視点からお話ししましょう。

 

あなたが執筆する記事には、検索エンジンの検索結果で上位表示させたいキーワードがあると思います。

 

そのキーワードで上位10ページに掲載されているページの文字数を調査してみてください。

 

記事の文字数を簡単にカウントできる便利なツールとして、Chromeの拡張機能「かんたん文字数カウント」が便利です。

 

 

テキストを選択し、右クリックで文字数を知ることができます。

 

この方法で、他のサイトより多くの情報を提供することでSEOの最低条件をクリアできます。

 

ただ、注意点があります。

 

キーワード競争が激しいと、包括的な記事は文字数が多くなりがちです。

 

SEOのためだけに書くと、読者を忘れがちになります。

 

記事は読者に向けて書くことが大切です。

 

上位記事の内容をしっかり取り上げつつ、自分の視点を加えれば、文字数が多くなくても価値があります。

 

結局、読者が記事に満足するかが一番重要なのです。

 

ブログの記事の文字数が多すぎる問題

ブログの文字数が多すぎる問題

記事が長くなる理由は3つあります。

  • SEOで競合サイトに勝つため
  • 言いたいことを詰め込みすぎるため
  • まわりくどい内容や余談が入っているため

 

昔は文字数が多ければ質の高い記事と見なされ、上位表示されることがありましたが、今ではその重要度は下がっています。

 

重要なのは、読者に価値ある情報を提供できているかどうかです。

 

そして、その価値とは読者の問題や課題を解決することです。

 

Googleの検索順位を決めるアルゴリズムには、愛着度を調べる機能が含まれていると言われています。

 

 

これはGoogle社が提出した特許に基づいています。

 

具体的には、ユーザーが検索結果ページ上のリンクをクリックしてから戻ってくるまでの滞在時間を記録します。

 

つまり、ユーザーがクリックした記事の内容や質が良ければ、記事を最後まで読み、ついでに他の記事も閲覧する可能性が高くなります。

 

その結果、ユーザーがGoogleの検索結果に戻ってくるまでの時間が長くなり、Googleはその記事を上位表示する傾向があるのです。

 

ただし、ページが長いだけでは必ずしも滞在時間が長くなるわけではありません。

 

ユーザーが求めている情報が得られないと判断されれば、文章が長くても滞在時間は短くなってしまいます。

 

つまり、文字数が多いからといって必ずしもプラスになるわけではないのです。

 

文字数よりも記事の中身が大事

文字数よりも記事の中身が大事

Googleを使う人には、自分の問題を解決する良い記事が大切です。

 

短い文章でも、読む人に役立つなら、それで良いのです。

 

Googleも、そういった良質な内容を高く評価し、検索結果の上位に表示します。

 

悩んでいる人
文字数よりも記事の質が重要であることは分かりました。ですが、あえて、言うならどのくらいの文字数が最適ですか?
1,500文字から5,000文字程度が良いとされています。
なおやま

 

確かに、長い文章を書くことで、書き手は達成感を感じやすいです。

 

しかし、読む人にとっては、時に疲れることもあり、早く結論を知りたくなることもあります。

 

ですから、1,500文字から5,000文字くらいが適していると言えます。

 

重要なことなのでもう一度だけお伝えします。

 

もっとも大事なのは、文字数ではなく、読者が抱える問題を解決する内容を提供することです。

 

それが、良い記事を書く上での鍵となります。

 

まとめ:ブログの記事の最適な文字数とは

読者が抱える問題を解決する内容によって変わってきます。

 

Googleのアルゴリズムは、記事の長さよりも読者がコンテンツにどれくらいの時間滞在しているかを重視していると言われています。

 

このため、読者が検索するキーワードの意図を理解し、それに沿った解決策を提供する記事を書くことが大切です。

 

その解決するために、文字数が少なく済む場合もあるし、解決するために様々な情報を提供しなければいけない場合には長くなります。

 

読者にとって満足度が高い記事、それが最適な文字数なのです。

 

ちなみに、この記事の文字数は約2,140文字で、自然と1,500文字から5,000文字の範囲に収まる傾向があります。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なおやま

【IT業界歴20年目のWEB大好きマーケター】 ▶︎ WEBデザイナー → WEBディレクター → WEBマーケターに転身 ▶︎ WEBサイトに集客し、リアルの店舗に送客するビジネスが得意 ▶︎ アフィリエイト歴10年以上 ▶︎ A8アフィリエイター選手権でマスター級1位を獲得 ▶︎「Webマーケティングは面白さを当ブログで発信中

-ブログ