ブログ

知らないと損!ドメイン取得で失敗しないための費用比較とポイント

2020年11月5日

【どこのサービスがお得?】ドメイン取得の費用を比較しました
悩んでいる人
おすすめのドメイン取得サービス5選【初心者でも安心】」の記事を読み、どこの取得サービスがいいのかが分かりました。でも費用が良く分かりません。もう少し詳しく教えてください。

 

今回取り上げるドメイン取得サービスは、おすすめのドメイン取得サービス5選【初心者でも安心】の記事出も紹介しました、お名前.comとムームードメインとエックスドメインの3サービスの費用を比較してみたいと思います。

 

本記事は、こんな疑問を解決に導きます

  • ドメイン取得のための費用を知りたい
  • ドメイン取得するための支払い方法が知りたい
  • ドメイン取得サービスが提携しているレンタルサーバーが知りたい

 

本記事の執筆者

NaoYamaBlogの運営者「なおやま」の紹介

なおやま(@naoyama_san

 

お名前.com、ムームードメイン、エックスドメインの費用を比較したことがなかったので、この記事を書くにあたり調べています。

 

個人的にもどんな結果が出てくるのか楽しみです。

 

 

ドメイン取得の費用を比較しました

ドメイン取得の費用を比較しました

比較を行う前に、「お名前.com」、「ムームードメイン」、「エックスドメイン」に加えて、「ゴンベエドメイン」、「バリュードメイン」というサービスも比較したいと思います。

 

それでは、まずは追加した3つのサービスをご紹介します。

 

ゴンベエドメイン

「ゴンベエドメイン」では、国内最高水準の1,000種類以上のドメインを取り扱っています。

 

さらに、他社ではなかなか手に入らない希少なドメインも、オンラインで簡単に取得できます。

 

ゴンベエドメインの特徴

  • 国内最大の1,000種類以上のドメインを販売中。ゴンベエでしか取得できないドメインが多数
  • 海外進出企業からの取得が増加中
  • 最も多いトラブル「ドメインの失効」を自動更新システムで防ぎます
  • 商標保護を目的としたドメイン取得が可能
  • 海外ドメイン取得手続時の対応も日本語でサポート
  • 国名としてではなく、イメージを重視して取得できるドメインが豊富。
    例えば、「.ai」は愛、「.dj」はディスクジョッキ ー、「.pr」は広報や広告など
  • 1GBまでのストレージサービスが無料で使用可能

 

\1,000種類以上のドメインを販売中/

ゴンベエドメイン 公式サイト

 

バリュードメイン

NaoYama Blogがおすすめするドメインサービス「バリュードメイン」

「バリュードメイン」は「バリューサーバー」「コアサーバー」「XREA」を運営するGMOデジロック株式会社の低価格ドメイン総合サービスです。

 

コストを抑えて独自ドメインで本格的なサイトが運営できます。

 

バリュードメインの特徴

  • 500種類以上の独自ドメインを取り扱っています
  • 自動更新設定、一括ドメイン取得・更新など運用がしやすい
  • ネームサーバー/DNSレコード設定/Whois代行などドメイン運用の基本機能も標準装備
  • 「バリューサーバー」「コアサーバー」「XREA」などのホスティングとの連携が容易

 

\GMOデジロック社の低価格ドメイン/

バリュードメイン 公式サイト

 

ドメイン取得の料金の比較

ドメイン取得の料金の比較

ドメイン取得のための料金を比較した結果がこちらです。
注:2023年5月3日現在の金額です。

お名前.com ムームードメイン エックスドメイン ゴンベエドメイン バリュードメイン
.comの料金 1年目 0円 750円 1円 2,068円 0円
2年目以降 1,408円 1,728円 1,298円 2,068円 1,789円
2年間利用した場合の料金 1,408円 2,478円 1,299円 4,136円 1,789円
.netの料金 1年目 0円 1,500円 1円 2,310円 1,530円
2年目以降 1,628円 1,628円 1,518円 2,310円 1,929円
2年間利用した場合の料金 1,628円 3,128円 1,519円 4,620円 3,459円
.jpの料金 1年目 330円 2,035円 350円 3,124円 2,035円
2年目以降 3,124円 3,344円 3,102円 3,124円 3,702円
2年間利用した場合の料金 3,454円 5,379円 3,452円 6,248円 5,737円
Whois情報公開代行 サービスの有無
代行の料金 1,078円 0円 0円 0円 0円
取り扱いしているドメインの種類 580種類以上 400種類以上 70種類以上 1,060種類以上 450種類以上
公式サイト お名前.com
公式サイトへ
ムームードメイン
公式サイトへ
エックスドメイン
公式サイトへ
ゴンベエドメイン
公式サイトへ
バリュードメイン
公式サイトへ

 

Whois情報代理公開サービスとは

Whoisとは、インターネット上で誰でも閲覧可能な、ドメイン名の登録者に関する情報を提供するサービスです。しかしその情報には、個人情報が含まれることがあるため、ドメイン取得サービスを提供する会社の情報を代理で公開してくれるサービスでもあります。つまり、個人情報を守るために情報を肩代わりしてくれるというわけです。

 

ドメイン取得のための支払い方法の比較

ドメイン取得のための支払い方法の比較

支払い方法を比較したのがこちらです。

サービス名 支払方法
お名前.com クレジットカード・請求書払い・銀行振込・コンビニ払い・口座振替
ムームードメイン クレジットカード・銀行振込・コンビニ払い・おさいぽ!
エックスドメイン クレジットカード・銀行振込・コンビニ払い・ペイジー
ゴンベエドメイン クレジットカード
バリュードメイン クレジットカード・銀行振込・コンビニ払い・Yahoo! ウォレット・WebMoney

 

ドメインサービスが提携しているレンタルサーバー

ドメインサービスが提携しているレンタルサーバー

ドメインを取得したら、次に必要な手続きはレンタルサーバーの手配です。

 

そのレンタルサーバーは、ドメイン取得会社が提携しているものであれば、ネームサーバーの設定が簡単に行えます。

 

ここでは、提携しているレンタルサーバーを紹介します。

 

サービス名 支払方法
お名前.com お名前レンタルサーバー
ムームードメイン ロリポップヘテムルグーペ
エックスドメイン エックスサーバーwpX Speed
ゴンベエドメイン マイサーバー
バリュードメイン コアサーバーバリューサーバーエクスリア

 

ドメイン取得の費用についてのまとめ

僕はムームードメインを長く利用していたのですが、今回調べた結果、価格はエックスドメインの方が安いことに個人的にビックリしました。

 

ムームードメインが業界で最も安いと勝手に思っていましたので。

 

また、ドメインを取得した初年度は費用が安いが、2年目以降になると費用が高くなり、2年間合計にするとそんなに安くないという価格形態になっていることも分かり、有益な情報をお届けできたのかと思っています。

 

今回の記事には入れていませんが、ドメインと提携しているレンタルサーバーを同時に契約することで、さらに費用が安くなるというプランもありました。

 

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なおやま

【IT業界歴20年目のWEB大好きマーケター】 ▶︎ WEBデザイナー → WEBディレクター → WEBマーケターに転身 ▶︎ WEBサイトに集客し、リアルの店舗に送客するビジネスが得意 ▶︎ アフィリエイト歴10年以上 ▶︎ A8アフィリエイター選手権でマスター級1位を獲得 ▶︎「Webマーケティングは面白さを当ブログで発信中

-ブログ
-, , , , , ,