ブログ

効果絶大なメタディスクリプションの書き方【クリック率を爆上げ!】

2021年12月22日

【クリック率が上がる】メタディスクリプションの書き方講座
悩んでいる人
メタディスクリプションとは何ですか?どんなことを書けばいいのですか?

 

こんな疑問にお答えします

 

本記事の内容

  • メタディスクリプションとは
  • メタディスクリプションはSEOに影響する?しない?
  • メタディスクリプションはなぜ重要なのか?
  • メタディスクリプションを書かないとどうなるのか?
  • メタディスクリプションの書き方

 

本記事の執筆者

NaoYamaBlogの運営者「なおやま」の紹介

なおやま(@naoyama_san

 

「メタディスクリプション」とは、ブログ記事上では見えないが、Googleなどの検索結果に表示される重要な機能です。

 

なぜこの機能が重要なのか、そしてメタディスクリプションの効果的な書き方について、この記事では詳しく説明します。

 

特に以下のような方々には、ぜひ読んでいただきたい記事です。

 

  • メタディスクリプションについて理解が不足している方
  • メタディスクリプションは設定不要だと思っている方
  • メタディスクリプションに何を書けばいいのか分からない方

 

この記事を最後までお読みいただくと、メタディスクリプションの重要性に気付き、適切に活用する方法を学び、これまで放置していた方も適切に管理できるようになるでしょう。

 

 

メタディスクリプションとは

メタディスクリプションとは

「メタディスクリプション」とは、ブログ記事の内容をGoogleや他の検索エンジンを利用するユーザーに分かりやすく伝えるための重要な機能になります。

 

言葉だけでは理解しにくいかもしれませんので、以下の説明をご覧ください。

 

メタディスクリプションとは

 

通常、ブログ記事の中では「メタディスクリプション」は表示されません。

 

メタディスクリプションは、GoogleやYahooなどの検索エンジンの検索結果に表示される際にのみ利用されます。

 

このため、このタグを軽視する傾向があるのは、ブロガーだけでなく、ウェブサイトを運営している多くの方々に共通します。

 

メタディスクリプションはSEOに影響するのか

メタディスクリプションはSEOに影響するのか

悩んでいる人
メタディスクリプションはSEOに影響するのでしょうか?

 

Googleの公式ブログには、次のように書かれています。

 

it's worth noting that while accurate meta descriptions can improve clickthrough, they won't affect your ranking within search results.

引用元:Improve snippets with a meta description makeover | Google Search Central Blog | Google Developers

 

クリック率向上に正確なメタディスクリプションは役立ちますが、検索結果の中でのランキングには影響しません。

 

つまり、メタディスクリプションは、検索結果の順位には影響しないのです。

 

これまでメタディスクリプションについてあまり気にされていない方も、安心してください。

 

メタディスクリプションはなぜ重要なのか

メタディスクリプションはなぜ重要なのか

メタディスクリプションはSEOに影響するのかのチャプターで、Googleの公式ブログを紹介しましたが、実は重要なキーワードが書かれていることに気づきましたか?

 

クリック率向上に正確なメタディスクリプションは役立ちます

 

seoClarity(SEOクラリティ)は、日本を含む世界中で750億回以上の表示、30億回以上のクリック、そして17億のキーワードに関する調査結果から、Google検索結果の中でのクリック率を公表しています。

 

国によって、わずかにクリック率に差があるようですが、ここでは日本の結果だけをご紹介します。

 

1位 13.94%
2位 7.52%
3位 4.68%
4位 3.91%
5位 2.98%
6位 2.42%
7位 2.06%
8位 1.78%
9位 1.46%
10位 1.32%
11位 1.03%
12位 1.00%
13位 1.07%
14位 1.34%
15位 1.65%
16位 2.19%
17位 2.54%
18位 2.83%
19位 2.91%
20位 2.85%

 

グラフにするとこんな感じです。

 

僕がこの情報から受けた印象は、1ページ目の9位や10位よりも、2ページ目の20位の方がクリック率が高いことに驚きました。

 

自分自身がGoogleで検索する際、1ページ目の下位にある結果よりも、2ページ目にある情報に目を向け、求めている情報を見つけることがあることに気付いたからです。

 

さて、本題に戻りましょう。

 

メタディスクリプションがクリック率向上に寄与する可能性は、平均的なクリック率から考えても理解できるでしょう。

 

検索結果を閲覧するユーザーに、「このブログで、あなたが求めている情報が見つかります」というメッセージを伝えることで、クリックされる可能性が高まります。

 

実際、メタディスクリプションが優れている場合、上位の検索結果と同等のクリック率を達成できることもあります。

 

メタディスクリプションは非常に重要なタグなのです

 

メタディスクリプションを書かないとどうなるのか

メタディスクリプションを書かないとどうなるのか

悩んでいる人
メタディスクリプションを書かないと、検索結果の説明部分が空欄になる可能性がありますか?

 

検索結果で、説明が書かれていないものを見たことはありますか?

 

ページ全体が画像であり、altタグも設定されておらず、他のページへのリンクもない場合、検索結果に説明が表示されない可能性があります。

 

ただし、ほとんどのページでは検索結果に何らかの説明が表示されます。

 

メタディスクリプションが設定されていなくても、Googleはページ内の単語を自動的に選んで表示します。

 

悩んでいる人
自動で表示されるのであれば、設定しなくてもいいのではないでしょうか?

 

設定しなくても問題ありませんが、Googleが生成する文章はまだ精度が高くないため、内容がよく分からない文章になっていることが多いです。

 

 

これはあるキーワードで検索した時の結果です。

 

このメタディスクリプションを読んで、そのページの内容を大まかに理解できましたか?それによってクリックしたいと思いましたか?

 

この説明文では、残念ながらクリック率は上がりません。

 

そのため、メタディスクリプションは人間が考えるべきです。

 

近い将来、Googleの文章生成の精度が向上し、メタディスクリプションを作らなくても良い時代が訪れるかもしれませんね。
なおやま

 

メタディスクリプションの効果

メタディスクリプションの効果

「記事を読みたいと思わせるメタディスクリプション」を作成することで、ユーザーのアクセスの「数」と「質」が変化します。

 

「数」については、メタディスクリプションはなぜ重要なのかでも説明しました通り、メタディスクリプションは検索エンジンの検索結果でクリックされる可能性を高めます。

 

例えば、特定のキーワードで1位になれない場合でも、魅力的なメタディスクリプションがあれば、2位でも1位と同じくらいのクリック率を獲得し、結果的に1位と同じような訪問者数を得られます。

 

もう1つの「質」については、ユーザーはメタディスクリプションを見て、内容をある程度理解した上でアクセスします。

 

これにより、事前に情報を持たずに訪れるユーザーと比べて、コンテンツへの興味が高いユーザーが訪れる可能性が高まります。

 

質が高いユーザーとは、滞在時間が長く、他の関連記事も閲覧する可能性が高いユーザーのことです。

 

検索エンジンから質の高いユーザーが多くアクセスしてくれる場合、SEOの評価も向上する可能性があります。

 

メタディスクリプションの書き方

メタディスクリプションの書き方

メタディスクリプションに「説明」を書く際のポイントは5つあります。

  1. キーワードを入れる
  2. 120文字以内にする(スマホは80文字以内)
  3. 調べたいことの見える化
  4. どのように解決してくれるのかを明記する
  5. メタディスクリプションはページ毎に内容を変える

 

これらのポイントについて詳しく説明していきます。

 

キーワードを入れる

検索結果で上位に表示させたいキーワードを使いましょう。

 

メタディスクリプションはSEOに影響するのかでも述べましたが、SEOには影響しません。

 

キーワードを入れるのは上位表示を目指すためではありません。

 

むしろ、ユーザーが検索したキーワードが表示されることで、「自分の問題が解決されるかもしれない」と思わせるためです。

 

PC版のGoogleの検索結果では、ユーザーが入力したキーワードと一致する部分が太字で表示されます。

 

以下は「メタディスクリプション」というキーワードで検索した際の検索結果画面です。

 

 

このように目に留まりやすい表示になることで、クリックされる可能性が高まるのです。

 

なお、スマホ版の検索結果では太字表示はありません。

 

120文字以内にする(スマホは80文字以内)

メタディスクリプションの文字数は、パソコン版の検索結果では約120文字程度、スマホ版の場合は約80文字程度に収めましょう。

 

この「程度」とは、検索結果のページによって文字数にばらつきがあるためです。

 

悩んでいる人
文字数が多すぎるとどうなるのですか?少なすぎるとどうなるのですか?

 

  • 文字数が多すぎると、Googleは文章を途中で切り取って表示します
  • 120文字に満たない部分は、設定した全文が表示される可能性があります
  • また、Googleが独自に文章を変更することもあります

 

スマートフォンの場合、画面が小さいため、表示される文字数が少なくなります。

 

したがって、重要な情報はできるだけ文章の先頭に配置すると良いでしょう。

 

一方、文字数が少なすぎる場合は、あなたが書いた全文が表示されます。

 

ただし、個人的な意見ですが、メタディスクリプションの文字数が少ないと、「このページには自分が求める情報がないのかも?」と思ってしまい、クリックしたいという気持ちになりません。

 

その結果、クリックする意欲が減少する可能性があります。

 

記事をアピールするためにも、できるだけ多くの情報を記述することをおすすめします。

 

調べたいことの見える化

まず、上位表示させたいキーワードで情報を探しているユーザーが、なぜそのキーワードを選んでいるのか考えてみましょう。

 

ユーザーが求めている情報はおそらくブログ記事に書かれていることでしょう。

 

その記事を紹介する前に、ユーザーが抱えている問題や悩み、迷いを具体的にメタディスクリプションで表現しましょう。

 

あなたは…

  • 〇〇〇で困っていませんか?
  • 〇〇〇で悩んでいませんか?
  • 〇〇〇で迷っていませんか?

 

これにより、検索しているユーザーは「そうそう、これが知りたかったことだ!」と共感し、さらに「これが問題を解決してくれるかもしれない」と期待するようになります。

 

ここでユーザーの期待が高まったところで、次のチャプターへ進みましょう。

 

どのように解決してくれるのかを明記する

「期待に変わった」ところで、あなたのブログに訪れた方々に対して、どのように問題を解決できるかを提案しましょう。

 

具体的な解決方法や助言を提示することが求められています。

 

ただし、単にメタディスクリプションに答えを書くということではありません。

 

たとえば、「以下の3つの解決方法があります」「この記事を読むことで、わずか5分でお悩みが解消されます」といった具体的なアプローチ方法をユーザーに伝えましょう。

 

問題提起と解決方法を提示することで、ユーザーの期待感は安心感に変わり、「こんな提案があるなら、この記事を読んでみようかな」と思わせ、クリックしてもらえます。

 

もし文字数に余裕がある場合には、最後にブログを読むことで得られるメリットやベネフィットも伝えるといいでしょう。

 

 

メタディスクリプションはページ毎に内容を変える

たまに、同じ文章を使ってしまっているブログを見かけることがありますが、それはメタディスクリプションを考えるのが面倒だからなのかもしれません。

 

しかし、同じ文章を使い回すことは機会損失を意味します。

 

あなたの記事を読んでもらえるチャンスを逃していることになります。

 

各ページごとに以下のポイントに気を付けて文章を変更してみましょう。

  • キーワードを入れる
  • 文章を120文字以内に抑える(スマホでは80文字以内が望ましい)
  • 調べたい内容が明確に伝わるようにする
  • 解決策や提供する価値を明記する

 

これらのポイントに意識を向けて、文章を改善していきましょう。

 

まとめ:効果絶大なメタディスクリプションの書き方【クリック率を爆上げ!】

本記事を簡単にまとめると…

本記事のまとめ

メタディスクリプションとは
メタディスクリプションとは、ブログ記事の「概要」をGoogleなどの検索を利用しているユーザーに伝えるための機能。
 
メタディスクリプションはSEOに影響するのか
検索結果内のランキングには影響しない
 
メタディスクリプションはなぜ重要なのか
メタディスクリプションにはクリック率を上げる可能性がある。
 
メタディスクリプションの書き方

  • キーワードを入れる
  • 120文字以内にする(スマホは80文字以内)
  • 調べたいことの見える化
  • どのように解決してくれるのかを明記する
  • メタディスクリプションはページ毎に内容を変える

 

記事を書き終えてホッとした後、メタディスクリプションのことを軽視してしまうことがあります。

 

僕もそのタイプです。

 

SEOには影響がないため、メタディスクリプションの作成の優先順位が低くなりがちです。

 

しかし、少しでも多くのアクセス数を得たいという気持ちを忘れてはいけません。

 

その気持ちを持ち続けながら、メタディスクリプションを作り上げましょう。

 

まずは、過去に書いたメタディスクリプションを見直してみることをおすすめします。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なおやま

【IT業界歴20年目のWEB大好きマーケター】 ▶︎ WEBデザイナー → WEBディレクター → WEBマーケターに転身 ▶︎ WEBサイトに集客し、リアルの店舗に送客するビジネスが得意 ▶︎ アフィリエイト歴10年以上 ▶︎ A8アフィリエイター選手権でマスター級1位を獲得 ▶︎「Webマーケティングは面白さを当ブログで発信中

-ブログ