AI×ブログ ライティング

おすすめのAIライティングツール11選【使わなきゃ損!】

2023年4月11日

今すぐ使いたい!AIライティングのおすすめツール6選
悩んでいる人
会社で運営しているオウンドメディアの記事をAIで作ることを検討しています。おすすめのツールはありますか?選ぶ際に気を付けなければいけないことがあれば教えてください。

 

こんな疑問にお答えします

 

本記事の内容

  • AIライティングツールとは
  • AIライティングツールの選び方
  • AIライティングツールの紹介
  • AIライティングツールのメリットとデメリット

 

本記事の執筆者

NaoYamaBlogの運営者「なおやま」の紹介

なおやま(@naoyama_san

 

ChatGPTの出現に伴いまして、AIによるライティングの技術が飛躍的に進化し、多くのビジネスや個人がAIを活用したコンテンツ制作をするようになってきました。

 

しかしながら、AIライティングにはまだまだ不安がある方も多いはずです。

  • AIによる文章生成は人間と比べると記事の精度が劣る
  • 文章に感情や表現力が欠けることがあるので、読者の心に響かない
  • AIが生成した文章の著作権の問題
  • AIが文章を作ったことであることがバレてしまう

たしかに、この不安は現時点では拭い切れていないのは事実です。

 

しかし、これらの問題に対しても、技術は日進月歩で進化していますので、AIライティング技術も進化し、これらの不安は解決されることが期待されています。

 

また、AIライティングは、従来のライティングに比べて安価で、短時間で多くの文章を生成することができます。

 

今後、個人のブログはもちろんのこと、ビジネスシーンにおいて重要な役割を担うことになると思われます。

 

そこで今回は、そんな不安を解消してくれるAIライティングのおすすめツール11選をご紹介します。

 

しかも国産です。

 

これらのツールを使えば、誰でも簡単に高品質な記事が作成できます。

 

もし今少なからずAIを使って、ブログやオウンドメディアを運営していきたいと思っているのでしたら、ぜひ最後までお読みください。

 

こんな方々には特に読んで欲しい記事になっています。

 

  • ブログやオウンドメディアを運営している方
  • ブログやオウンドメディアを短期間で成長させたい方
  • オウンドメディアの運営コストを減らしたい方(でも成長はさせないといけない)
  • 外注にライティングを依頼しているのをAIにしようか悩んでいる方

 

すぐにでもおすすめのAIライティングツールをチェックしたい方は以下からどうぞ!

右にスクロールできます→
ツール名 総合評価 ITreviewの評価 コスパ 搭載AI 文章の質
Catchy(キャッチー) (5.0) GPT-3
Transcope(トランスコープ) (5.0) 評価なし GPT-4
オーダーメイドAI (4.5) 評価なし ChatGPT
Creative Drive (4.5) 評価なし GPT-3.5 もしくは GPT-4.0
ラクリン (4.5) GPT-4
AIブログくん (4.5) 評価なし GPT-4
BuzzTai(バズタイ) (4.0) 評価なし GPT-3
EmmaTools(エマツールズ) (4.0) GPT-3
SAKUBUN(サクブン) (4.0) 評価なし LLM技術(GPT-3.5/4を含む)
AI-Writer (3.5) 評価なし 不明 GPT(バージョンは不明)
ELYZA Pencil(イライザ ペンシル) (3.5) 評価なし 不明 ELYZA Brain

ITreviewとは、ユーザーに評価された”本当に良い製品”に出会うための国内最大級 IT製品/ SaaSのレビューサイト

 

目 次

 

AIライティングツールとは

AIライティングツールとは

AIライティングツールとは、機械学習や自然言語処理技術を利用した、文章の自動生成や修正するためのツールです。

 

簡単な言葉で言い直すと、ChatGPTのライティングに特化したAIツールと述べたほうが分かりやすいでしょう。

 

使い方としては、書いてもらいたい記事のキーワードを入力し、そのキーワードに基づいた適切な文章を自動生成してくれたり、文章の間違いや表現が良くない部分を自動修正してくれたりします。

 

キーワード選びは人間が行う必要があります。

 

 

個人では、ブログの記事を生成するために、ChatGPTを用いて、記事を作成するという方が、多くなっているでしょう。

 

悩んでいる人
ビジネスの分野でも、AIライティングツールは使われているのですか?

 

ビジネスの分野でも導入する企業が増えています。

 

ビジネスシーンで使われている例としましては

  • 商品やサービスの説明文
  • プレスリリース
  • オウンドメディアの記事
  • SNS投稿

様々な用途に活用され始めています。

 

また、AIライティングツールの優秀なところは、SEOに有効なキーワードを含めた文章を自動生成することもできます。

 

SEOの重要性が高まっている現代では、AIライティングツールがますます注目されています。

 

注目度が増す中で、AIライティングツールにも課題があります。

 

例えば、AIが生成した文章には、人間が書いた文章にはない感情表現や、表現力の豊かさに欠けることがあります。

 

しかし、AIライティング技術の進化により、これらの問題はすぐに解決されるでしょう。

 

ChatGPTを開発しているOpenAIのCEOのサム・アルトマンは、「今のChatGPTはまだ序章に過ぎない」と言っているので、今後、AIライティングツールは、あっという間に進化を遂げてしまうでしょう。

 

OpenAIのCEOのサム・アルトマンのインタビュー動画

 

AIライティングツールは、今後ますます普及していくことが予想されます。

 

そのため、ビジネスや個人がAIライティングツールを上手に活用していくことが求められます。

 

AIライティングツールの選び方

AIライティングツールの選び方

2023年は「AI元年」と言っていいほど、様々なAIツールが生まれています。

 

国内でも多くのAIツールが誕生しています。

 

本記事は、国産のAIライティングツールのみをご紹介します。

 

ツールを選ぶまでの工程は6ステップです。

 

ステップ1:AIライティングツールの比較対象を絞り込む

自分が必要とする機能やコンテンツの種類、予算などを踏まえて、比較検討とするツールを絞り込む

 

AIライティングツールを選ぶ際には、まず自分が必要とする機能やコンテンツの種類、予算などを踏まえて、比較対象とするツールを絞り込むことが大切です。

 

AIライティングツールには、自然言語処理技術を活用した文章生成や、SEOに最適化されたコンテンツ生成、翻訳、校正などの機能があります。

 

それぞれの機能を必要とするかどうかを検討し、自分の目的(ツールを利用することで、自分達のブログやオウンドメディアをどうさせたいのか)に合ったツールを選びましょう。

 

また、比較対象となるツールの予算も重要なポイントです。

 

ツールの価格は機能やサポート体制によって異なります。

 

自分の予算に合わせて、必要な機能を備えたツールを選ぶことが大事です。

 

ステップ2:AIライティングツールの詳細情報を収集する

比較対象となるツールの詳細情報を収集し、各ツールの特徴や機能、データセキュリティ、サポート体制などを比較します。

 

各AIライティングツールの公式Webサイトやレビューサイトなどを参考に、各ツールの機能や特徴、使用方法などの情報を収集しましょう。

 

自然言語処理技術を活用して文章生成する機能や、SEOに最適化されたコンテンツ生成機能など、各ツールには異なる機能があります。

 

自分の必要とする機能に合わせて、ツールを比較検討する必要があります。

 

ステップ3: AIライティングツールのデモやトライアルを行う

各ツールのデモやトライアルに申し込みし、使い勝手や自然な文章の生成精度、カスタマイズ性、ユーザーインターフェースの使いやすさなどを比較します。

 

本記事で紹介するAIライティングツールは、フリープランもしくはデモが用意されています。

 

まずは試してみて、「自分の目的がかなうかどうか」という視点を忘れずに、利用してみましょう。

 

ステップ4: AIライティングツールの口コミを調べる

実際にツールを利用したユーザーの口コミを調べ、各ツールの評価や問題点などを把握しましょう。

 

Twitterで口コミが投稿されているケースが多いので、チェックするといいでしょう。

 

ステップ5: AIライティングツールのサポート体制を確認する

ツールのサポート体制やカスタマーサポートの充実度を確認し、問題発生時の対応策がしっかりしているか確認します。

 

「このツールはやたら金額が安いな」と思ったら、必ず安い理由があります。

 

理由を把握した上で納得できるかどうか確かめましょう。

 

ステップ6: 総合的に判断する

上記のステップを踏まえて、各ツールを総合的に判断し、自分のニーズに合ったツールを選択します。

 

AIライティングツールの紹介

AIライティングツールの紹介

9つのAIライティングツールを紹介します。

 

全て日本語対応が可能ですので、安心してご利用ください。

  1. Catchy(キャッチー)
  2. BuzzTai(バズタイ)
  3. ELYZA Pencil(イライザ ペンシル)
  4. Transcope(トランスコープ)
  5. EmmaTools(エマツールズ)
  6. SAKUBUN(サクブン)
  7. オーダーメイドAI
  8. Creative Drive
  9. ラクリン
  10. AIブログくん

 

Catchy(キャッチー)

なおやま評価:(5.0)

 

AIで10倍速の記事作成

 

Catchy」というツールは、キーワードを入力するだけで、AI(人工知能)が膨大なテキストデータを基にして、自動的にコピーライティングを生成してくれるツールです。

 

Catchy」は、約4ヶ月で31,000人のユーザーを獲得するほどの人気があるツールです。

 

「スッキリ」や「Nスタ」などのニュース番組でも紹介されるなど、国内最大級の「AIコピーライティングツール」として注目されており、今後のツールの進化も期待できるサービスです。

 

\テレビ番組でも注目されているツール/

Catchyを試してみる

※全機能が使える無料プランもあります

 

 

BuzzTai(バズタイ)

なおやま評価:(4.0)

 

AIがそれぞれの用途に最適なバズるブログ記事を作成します

 

BuzzTai」とは、ソーシャルメディア広告やテキストコンテンツを簡単に自動生成できる、革新的なAIライティングツールです。

 

ビジネスを運営している方々は、様々な業務に多くの時間を取られているかもしれません。

 

BuzzTai」を利用することで、ビジネスの宣伝に時間をかけ、ライティングの時間を大幅に短縮できます。

 

もしあなたが、コンテンツマーケティングのビジネスに従事しているなら、今よりも品質が良く、よりスピーディーにコンテンツ作成するためには、何が必要なのかを考えなければいけない時期に来ているかもしれません。

 

AIライティングツールは、コンテンツマーケティングの未来を変えるかもしれません。

 

その理由は3つあります。

  1. AIはより魅力的な見出しを作成する手助けをするから
  2. AIはより迅速なコンテンツ作成を支援するから
  3. AIはよりターゲットに向けたコンテンツ作成を支援するから

 

BuzzTai」を導入することで、あなたがコンテンツマーケティングにおいて、

  • 設定しているKPIを達成できる
  • 他の業務に時間を割けるようになる
  • こなせる仕事量が増え、会社からの評価も上がる

一石二鳥だけでなく、一石三鳥、一石四鳥にもなるかもしれません。

 

ぜひ導入を検討してみてください。

 

\ライティングの時間が大幅に短縮/

BuzzTaiを試してみる

※9クレジットまで無料で利用可能

 

EmmaTools(エマツールズ)

なおやま評価:(4.0)

 

コンテンツの“足りない”がわかる
AI文章作成搭載のSEOライティングツール

 

EmmaTools」は、SEO記事の品質を自動的に分析し、スコアを可視化するツールです。

 

EmmaTools」を使うことで、AIによる自動生成によりコンテンツ作成の効率化が図れ、上位表示の可能性が高まります。

 

EmmaToolsの3つのポイント

  1. AI文章作成と独自のスコアリングにより、SEOに強いコンテンツを簡単に作成可能
  2. 記事構成作成にかかる時間が3分の1以下に短縮
  3. 公開済みコンテンツの健康状態が一目瞭然

 

AI文章作成と独自のスコアリングにより、SEOに強いコンテンツを簡単に作成可能

EmmaTools」は、テーマの網羅性、キーワードの比率、文字量など、多岐にわたる要素を分析して、コンテンツのSEO品質をスコアリングしています。

 

さらに、改善すべき箇所とその方法を提案してくれる機能に加え、AIによる文章作成機能を活用することで、誰でも簡単にSEOに強いコンテンツを作成ができます。

 

記事構成作成にかかる時間が3分の1以下に短縮

1位〜20位までの上位サイトの記事構成が一目でチェックできる機能があります。

 

上位サイトの傾向を分析しながら見出し構成を作成でき、さらにAIによる見出し自動生成機能も活用できます。

 

これにより、従来の3分の1以下の工数で作業ができます。

 

公開済みコンテンツの健康状態が一目瞭然

「コンテンツ健康管理」機能を使えば、SEOの品質管理を効率的に行えます。

 

健康状態を示す顔のアイコンを確認するだけで、「どのコンテンツに修正・更新が必要か?」がすぐに判断できます。

 

これにより、「知らず識らずのうちに順位が下がってしまった」といったトラブルを未然に防げます。

 

ITreviewでも評価が高いツールですので、ぜひお試しください。

 

\品質を分析し、スコアを可視化します/

EmmaToolsを試す

※無料トライアルができます

 

ELYZA Pencil(イライザ ペンシル)

なおやま評価:(3.5)

ウェブ職TVより

 

キーワードを入力するだけで、AIが文章を執筆!

 

ELYZA Pencil」は、東京大学の研究室から生まれたスタートアップ企業、株式会社ELYZAが開発した、使いやすいAIライティングツールです。

 

2022年3月28日に一般公開され、数個のキーワードを入力するだけで、わずか6秒で日本語のタイトルや文章を自動生成できます。

 

公開11日間で11万人が利用し、半年で利用者数30万人、執筆回数96万回という結果を叩き出しました。

 

 

ELYZA独自の大規模言語AIを使用することで、高精度な文章生成が可能になり、ニュース記事、ビジネス用のメール、職務経歴書など、様々な種類の文章を生成できます。

 

また、登録不要で誰でも利用可能です。

 

\公開11日間で11万人が利用/

ELYZA Pencilを試す

※今人気のAIライティングツールです

 

Transcope(トランスコープ)

なおやま評価:(5.0)

 

SEOに強い文章をAIで自動作成

 

Transcope」は、SEOに強い文章を生成するための最適な指示をAIに与える、コンテンツマーケティング用のAIライティングツールです。

 

今話題のChatGPTを開発したOpenAI社の最新APIであるGPT-4を利用しています。

 

Googleで上位表示されている競合サイトを分析して、見出し構成や流入キーワード、サイト内でよく使われているキーワードをベースにした指示することで、GPT-4単体で生成できなかった、より網羅的で深いコンテンツを生成できます。

 

また見出しだけ設定しておけば、文章をバックグラウンドで生成できるので、AIの文章の生成を待つこと無く効率的です。

 

一部機能制限はあるものの、5,000文字の文章生成が無料でできるので、まずは試してみましょう。

 

\5,000文字の文章生成が無料/

Transcopeを試す

※SEOに強い網羅的で深いコンテンツを生成

 

 

SAKUBUN(サクブン)

なおやま評価:(4.0)

SAKUBUN

 

高品質な記事やSNS・広告文を数秒で作成
AIライティングアシスタント

 

SAKUBUNは、NOVEL株式会社が開発したAIライティングツールで、LLM技術(GPT-3.5/4を含む)を利用しています。

 

SAKUBUNには以下の5つの特徴があります。

  1. 日本語に対応しています
  2. 50種類以上の独自なテンプレートが用意されています
  3. AIエディター機能により、効率的な編集体験ができます
  4. コンテンツ作成において、ペルソナ機能や他の細かな条件設定が可能です
  5. プロジェクト管理機能により、チームでのコラボレーションが円滑に行えます

 

50以上の独自のテンプレートがありますので、ブログ記事の作成がプロンプトの知識なしで可能です。

 

無料で1万文字まで利用できるので、ぜひお試しください。

 

\10,000文字の文章生成が無料/

SAKUBUNを試してみる

※50以上の独自のテンプレートがあります

 

 

オーダーメイドAI

なおやま評価:(4.5)

オーダーメイドAI」は、「かゆいところに手が届く」ではなく、正確には「かゆいところに手が届きすぎる」ほど優秀なツールです。

オーダーメイドAI」は、記事の自動生成に特化したAIライティングツールです。

18のカテゴリで利用可能です。

  1. 占い・スピリチュアル
  2. 小説を書く
  3. ブログ記事制作
  4. 動画台本
  5. TikTok
  6. プロンプトメーカー
  7. なりきりメーカー
  8. Instagram
  9. メール
  10. Twitter
  11. キャッチコピー・広告
  12. クリニック
  13. 情報コンテンツ販売
  14. ビジネス
  15. YouTube
  16. 料理
  17. 漫画制作サポート
  18. その他

途中でCMが流れたりと、文章生成に時間はかかってしまうものの、全機能を無料で利用可能です。

 

全機能を無制限で利用できるのは「オーダーメイドAI」だけです。

 

\かゆいところに手が届きすぎるAI/

オーダーメイドAIを試す

"あなたのため"に作られました

 

》【オーダーメイドAI】かゆいところに手が届きすぎるAIライティングツール

 

あわせて読みたい
【オーダーメイドAI】かゆいところに手が届きすぎるAIライティングツール
【オーダーメイドAI】かゆいところに手が届きすぎるAIライティングツール

 

Creative Drive

なおやま評価:(4.5)

SEO特化型のAI自動記事作成ツール「Creative Drive」

Creative Driveは、SEO特化型のAIライティングツールです。

 

しかも、人が行う作業は

  1. キーワード選定
  2. 生成された記事をWordPressに入れて、リンクや画像の配置

この2つだけです。

 

どんなに他の業務が忙しくて、記事作成ができないという言い訳ができないぐらい助かるツールです。

 

是非、お試しください。

》【Creative Drive】SEO特化型のAIライティングツールが登場!

 

あわせて読みたい
【Creative Drive】SEO特化型のAIライティングツールが登場!
【Creative Drive】SEO特化型のAIライティングツールが登場!

 

\SEO特化型のAIライティングツール/

Creative Driveを試す

時間がない、あたなのためのツールです

 

ラクリン

なおやま評価:(4.5)

ラクリン」は、ガジェット8割・家電2割のレビューブログ「マクリン」を運営するマクリンさんと、株式会社アルル制作所、ジジックスの3社が共同開発しました。

 

ラクリン」は、ブログ記事の執筆に特化したツールです。

 

ラクリン」が他のAIライティングツールとは違うのは、以下の3点です。

  1. ブログ記事作成に特化している
  2. 事前学習機能を備えている
  3. 1つのアカウントを複数名で共有することを公認

ブロガーのために生まれてきたAIツールです。

 

高品質な記事を作ってくれるので、ぜひお試しください。

 

》ブログ記事制作に特化したAIライティングツール「ラクリン」

 

あわせて読みたい
ブログ記事制作に特化したAIライティングツール「ラクリン」
ブログ記事制作に特化したAIライティングツール「ラクリン」

 

\ブログ記事作成のためのAIライティングツール/

ラクリンを試してみる

マクリンさんがブロガーのために開発しました

 

AIブログくん

なおやま評価:(4.5)

AIブログくん

AIブログくんには10の特徴があります。

  1. 毎月最大50本の記事を自動で投稿します
  2. 初心者の方でも使いやすい
  3. 4,000~8,000字の長文記事にも対応
  4. キーワード分析機能を搭載
  5. 記事が検索結果にすぐに反映される
  6. AIがウソついていないかの確認が可能
  7. 記事の中に画像を自動挿入してくれる
  8. タイトルやメタディスクリプションも自動作成
  9. どんなテーマの記事にも対応
  10. 毎日稼働します

 

AIライティングツールとしての機能だけでなく、SEOの補助ツールとしても役立ちます。

 

1ヶ月に最大50本の記事を作ってくれますので、あなたがやるべきことはキーワード選びだけになります。

 

ラクしてブログを運営したいという方にはおすすめのツールです。

 

\AIがブログ運営に必要な作業を自動化!/

AIブログくんを試してみる

簡単に効果的なAIブログを始めよう!

 

AI Writer

なおやま評価:(3.5)

AI Writer

AI Writerが選ばれるには理由があります。

  1. ChatGPT APIを搭載しているから
  2. 記事作成時間を2分の1に削減できるから
  3. SEOに特化した分析機能があるから
  4. 長文記事の生成も可能だから

 

AI Writerは「記事作成時間を2分の1に削減できる」と謳っていますがウソです。

 

実際のところじゃ3分の1もしくは4分の1までに削減ができてしまいます。

 

管理画面も使いやすく、初めてAIライティングツールを使おうと思っている方は、必ず利用すべきツールです。

 

1週間無料トライアルができますので、まずは試してみてください。

 

\キーワードを入れるだけで高品質なSEO記事ができます/

AI Writerを試してみる

7日間の無料トライアル付き

 

AIライティングツールの比較

右にスクロールできます→
ツール名 総合評価 ITreviewの評価 おすすめプラン 搭載AI 使いやすさ 文章の質 導入企業 紹介記事
Catchy(キャッチー) (5.0) プラン名:Starter
料金:3,000円~/月
ルール:毎月一定のクレジットを付与
GPT-3 面白法人カヤック
M&A Cloud
COSOJI
Catchy
の紹介記事
Transcope(トランスコープ) (5.0) 評価なし プラン名:Basic
料金:10,000円/月
ルール:40,000文字のコンテンツ生成。
検索順位は10ワード登録可能
GPT-4 株式会社アール
ヨコイ塗装
Transcope
の紹介記事
オーダーメイドAI (4.5) 評価なし プラン名:年間プラン
料金:2,980円/月
ルール:
・広告なし
・生成速度 → 10倍速
・生成回数 → 無制限
・文字数 → 無制限
ChatGPT 非公開 オーダーメイドAI
の紹介記事
Creative Drive (4.5) 評価なし プラン名:Starter
料金:10,000円/月
・GPT-3.5
・無制限使い放題
・全機能利用可能
・メールサポート
GPT-3.5 もしくは GPT-4.0 非公開 Creative Drive
の紹介記事
ラクリン (4.5) プラン名:シルバー
・料金:¥4,980/月
・利用可能数:200,000トークン
・毎月約10記事を作成可能
GPT-4 非公開 ラクリン
の紹介記事
AIブログくん (4.5) 評価なし プラン名:Lite
・料金:¥4,900/月 ※年間契約
・記事数:~15記事
・各記事の画像挿入とタグの自動作成
・検索キーワード分析機能付き
GPT-4 非公開 AIブログくん
の紹介記事
BuzzTai(バズタイ) (4.0) 評価なし プラン名:シルバー会員
料金:5,700円/月
ルール:毎月230クレジットを追加
GPT-3 非公開 なし
EmmaTools(エマツールズ) (4.0) プラン名:Entry
料金:30,000円/月
ルール:月に3コンテンツ以上ライティングし、
既存コンテンツの品質も改善させたい方向け/td>

GPT-3 BIGLOBE
ALMARQ
あなぶき興産
なし
SAKUBUN(サクブン) (4.0) 評価なし プラン名:Standard
料金:9,800円/月
ルール:無制限で使い放題
LLM技術(GPT-3.5/4を含む) 非公開 SAKUBUN
の紹介記事
AI Writer (3.5) 評価なし プラン名:スタンダードプラン
料金:4,900円/月
ルール:20記事まで作成可能
GPT(バージョンは不明) 非公開 AI Writerの紹介記事
ELYZA Pencil(イライザ ペンシル) (3.5) 評価なし お問い合わせ ELYZA Brain 非公開 なし

※価格は2023年4月10日現在の情報です。

 

AIライティングツールの注意すべき点

AIライティングツールの注意すべき点

機能の比較

必要な機能を備えたツールを選ぶことが重要です。

 

自然言語処理技術の精度

自然な文章を生成できるツールを選ぶために、自然言語処理技術の精度を比較することが大切です。

 

コンテンツの専門性

必要なコンテンツに対応しているか、専門性が必要な場合は対応できるかを比較することが必要です。

 

カスタマイズ性

自分のニーズに合わせた文章を生成できるツールを選ぶために、カスタマイズ性を比較することが重要です。

 

ユーザーインターフェース

使いやすいツールを選ぶために、直感的なユーザーインターフェースを比較することが必要です。無料体験する際には注意しましょう。

 

データセキュリティ

ツールが提供するデータセキュリティのレベルを比較することが必要です。

 

サポート体制

ツール導入後に問題が生じた場合に対応してくれるサポート体制があるかどうかを比較することが重要です。

 

コスト

導入コストやメンテナンスコストを比較し、全体的なコスパを考慮することが大切です。ただし、コストだけを重視するのではなく、必要な機能や品質を備えたツールを選ぶようにしましょう。

 

AIライティングツールの4つのメリット

AIライティングツールの4つのメリット

改めて、AIライティングツールのメリットを解説しておきます。

 

ビジネスで利用される際には、稟議書に明記することで通しやすくなるでしょう。

 

4つのメリットは

  1. 時間の節約
  2. 誤りの排除
  3. フォーマットの統一性
  4. 多様なスタイルの提供

です。

 

メリット①:時間の節約

本記事で紹介した5つのAIライティングツールは備わっていますが、高度な自然言語処理技術を用いて、文章の自動生成ができます。

 

これにより、ライティングにかかる時間を大幅に短縮できます。

 

プロのライターにお願いした場合、文章の質は高いですが、人間が文章を作るので、どうしても時間を要してしまいます。

 

AIライティングツールであれば、すぐに文章を生成してもらえますし、納得できない文章であれば、短時間で何度でも文章の作り替えができます。

 

このようなことから、時間を節約するメリットがあるのです。

 

AIライティングツールのメリット②:誤りの排除

AIライティングツールは、文法やスペル、構文などのエラーを自動的に検出し、修正ができます。

 

校閲者の役割を果たしてくれます。

 

これにより、文章の品質を向上できます。

 

メリット③:フォーマットの統一性

AIライティングツールは、文章のフォーマットを統一できます。

 

例えば、見出しや段落のタイプ、フォントサイズや色、余白の幅や行間などを指定できるのです。

 

また、文体や表現のルールを設定することで、一貫性のある文章を自動生成することもできます。

 

複数人の外部のライターに、細かい指示を出しても、どうしてもフォーマットから外れてしまうことがあります。

 

AIライティングツールであれば、このような不安は払拭できます。

 

またメディアを運営する側も同じで、複数人で作業する場合や長期的なコンテンツ戦略を立てる場合においても、ブランディングの統一性を維持できるのです。

 

統一されたフォーマットは、読者にとっても読みやすくなり、ブランドイメージの向上につながる可能性もあるのです。

 

メリット④:多様なスタイルの提供

AIライティングツールは、オウンドメディアやブログの記事を作る目的以外にも、多様なスタイルの文章を自動生成ができます。

 

例えば

  • 商品やサービスのキャッチコピー
  • YouTubeの台本
  • 口コミの返信
  • SNSの投稿のための文章
  • SNS系の広告文
  • メルマガの文章
  • 不祥事を起こした時の謝罪文

 

これにより、ライティングの幅を広げ、様々な場面で活用できるのです。

 

AIライティングツールの5つのデメリット

AIライティングツールの5つのデメリット

AIライティングツールは、あたかも魔法のツールのように紹介してきましたが、残念ながらデメリットもあります。

 

デメリットを把握した上で、AIライティングツールを導入することが大事です。

  1. 文章の「色」に欠ける
  2. コンテキストの不適切さ
  3. 専門的な知識に欠ける
  4. プライバシーの問題
  5. コストの問題

上記の5つのデメリットを解説します。

 

デメリット①:文章の「色」に欠ける

AIライティングツールは、自動生成された文章が自然なものではなく、機械的なものになってしまう場合があります。

 

人間味がない文章になってしまうことがあります。

 

あなたが運営しているブログが、あなたの独特な表現であったり、ユーモアで作られた文章であれば、現在のAIライティングツールでは実現が難しいのです。

 

自分で書いた文章とAIによって生成された文章では、大きく異なる印象を与え、読者の関心を引けなくなってしまうでしょう。

 

このような場合、AIライティングツールの導入は見送ることをおすすめします。

 

デメリット②:コンテキストの不適切さ

AIライティングツールは、人間のようにコンテキスト(文章の脈略)を完全に理解することができません。

 

そのため、不適切な文章が生成されることがあります。

 

具体例は以下の通りです。

 

言葉遣いの不適切さ

文脈に応じた適切な言葉遣いができないケースがあります。

 

意図の読み取り不足

文章の意図を十分に理解できないため、読み手が混乱してしまう可能性があります。

 

常識の欠如

常識に基づいた表現ができないため、誤解を招く可能性があります。

 

これらの問題は、AIライティングツールの性能や利用者のスキルによって異なりますが、人間に比べるとコンテキストを理解する能力が低いため、AIライティングツールで生成された文章は常に100点ではなく、必ず人間によるチェックも必要なのです。

 

デメリット③:専門的な知識に欠ける

AIライティングツールは、専門的な知識が必要な文章を自動生成する場合には、適切な表現ができない場合があります。

 

AIライティングツールが専門的な知識に欠けてしまう理由は、そのツールが特定の分野に特化しているわけではなく、汎用的に使えるように設計されているためです。

 

AIライティングツールは、専門的な知識を持っている人が書いた文章と比較して、AIライティングツールが生成する文章は、専門用語や専門的な表現が少なく、単純明快な表現が多い傾向があります。

 

専門分野に特化したブログやオウンドメディアの場合、読者からは満足度が低い記事と捉えられる可能性があります。

 

また、誤った情報を伝えてしまう可能性もあるので、ツールを導入する際には、あなたが求める記事がどの程度ツールで実現できるかを確認することが重要です。

 

無料で利用する際に、必ず確かめましょう。

デメリット④:プライバシーの問題

AIライティングツールは、文章を自動生成するために、ユーザーのデータを利用することがあります。

 

GPTの場合、どこのデータを参照しているのか分かりません。

 

個人情報を勝手に使うこともあるため、できた文章は必ずチェックしましょう。

 

デメリット⑤:コストの問題

AIライティングツールを導入する際には、高額な導入費用が必要となる場合がありますが、本記事でご紹介した5つのツールは比較的低価格で導入可能です。

 

導入することで、

  • どの程度工数を削減できるのか
  • どの程度の記事を量産できるのか
  • その記事がどの程度の効果(サイトへの流入数、コンバージョン数)を生み出すのか

を考慮することが大切です。

 

これらの観点をコストと比較して考慮することで、コストパフォーマンスが見合うかどうかを判断し、導入を検討することをお勧めします。

 

AIライティングツールで作った文章はSEOに本当に効果があるのか

AIライティングツールで作った文章はSEOに本当に効果があるのか

悩んでいる人
AIで作った文章はSEOではどのように評価されるのですか?

 

Googleは2023年2月に「AI生成コンテンツに関するGoogle検索のガイダンス」を発表しました。

 

ポイントは3つ

  1. 制作方法を問わず高品質のコンテンツを評価
  2. 検索結果を操作するために使用される自動化(AI)は評価しない
  3. E-E-A-T の品質を満たす、オリジナルで高品質な、ユーザー第一のコンテンツであれば、AIを利用することはOK

 

なおやまの持論にはなりますが、AIライティングツールで作った純度100%の文章であれば、Googleは評価してくれない(上位表示できない)でしょう。

 

既に実験している方もいます。

 

 

GoogleもAIが生成した文章なのか判別できる機能を持っているはずで、おそらく、今後の検索のアルゴリズムの中に入れると思われます。

 

そうした時に、順位が大きく下がってしまうことが考えられます。

 

このような事態があなたのブログで起こらないためにも、Googleが推奨しているE-E-A-Tの、最初のEの「エクスペリエンス(Experience)」、あなたの経験を文章に入れることで、読者もGoogleにも評価されるはずです。

 

というのが、なおやまの持論になりますので、正しいかどうかは、今後のアルゴリズムの改変の際に注目しなければいけないでしょう。

 

まとめ:おすすめのAIライティングツール11選【使わなきゃ損!】

本記事を簡単にまとめると…

本記事のまとめ

AIライティングツールの選び方

  • AIライティングツールの比較対象を絞り込む
  • AIライティングツールの詳細情報を収集する
  • AIライティングツールのデモやトライアルを行う
  • AIライティングツールの口コミを調べる
  • AIライティングツールのサポート体制を確認する
  • 総合的に判断する

11つのAIライティングツールの紹介

  • Catchy(キャッチー)
  • BuzzTai(バズタイ)
  • ELYZA Pencil(イライザ ペンシル)
  • Transcope(トランスコープ)
  • EmmaTools(エマツールズ)
  • SAKUBUN(サクブン)
  • オーダーメイドAI
  • Creative Drive
  • ラクリン
  • AIブログくん
  • AI Writer

AIライティングツールの4つのメリット

  • 時間の節約
  • 誤りの排除
  • フォーマットの統一性
  • 多様なスタイルの提供

AIライティングツールの5つのデメリット

  • 文章の「色」に欠ける
  • コンテキストの不適切さ
  • 専門的な知識に欠ける
  • プライバシーの問題
  • コストの問題

 

AIライティングツールは、記事を作るための時間を大幅に短縮できます。

 

複数人でブログやオウンドメディアを運営していたとしても、フォーマットが統一できていれば、誰が運営していても、問題は起こりません。

 

しかし、AIライティングツールはまだ完璧ではないツールです。

 

5つのデメリットがあるので、自分が運営しているブログやオウンドメディアで問題が起こらないか、慎重に判断することも大事です。

 

AIでブログ作成【1記事作成までの効率が格段に上がります】
あわせて読みたいAIでブログ作成【1記事作成までの効率が格段に上がります】

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なおやま

【IT業界歴20年目のWEB大好きマーケター】 ▶︎ WEBデザイナー → WEBディレクター → WEBマーケターに転身 ▶︎ WEBサイトに集客し、リアルの店舗に送客するビジネスが得意 ▶︎ アフィリエイト歴10年以上 ▶︎ A8アフィリエイター選手権でマスター級1位を獲得 ▶︎「Webマーケティングは面白さを当ブログで発信中

-AI×ブログ, ライティング