AI×ブログ ライティング

Catchy(キャッチー)の使い方とレビュー【1記事240円という価格破壊が実現】

2023年4月15日

Catchy(キャッチー)の使い方とレビュー【1記事240円という価格破壊が実現】
悩んでいる人
おすすめのAIライティングツール11選【使わなきゃ損!】」の記事でも紹介されている『Catchy』というツールをもう少し詳しく教えてくれませんか?

 

こんな疑問にお答えします

 

本記事の内容

  • Catchyとはどんなサービスなのか
  • Catchyの使い方
  • Catchyのレビュー
  • Catchyのメリットとデメリット

 

本記事の執筆者

NaoYamaBlogの運営者「なおやま」の紹介

なおやま(@naoyama_san

 

国内には、AIライティングツールが次々と登場しており、その中でもCatchyは特におすすめです。

 

Catchyは自然な文章を生成することができ、読み手に心地よい印象を与えます。

 

また、専門的な分野にも対応しており、さまざまなニーズに応えられます。

 

そんなAIライティングツールに興味がある方は、こちらの記事をお読みください。

 

 

本記事は、サービス開始から、わずか約4ヶ月で利用者数が31,000人を突破した「Catchy」を取り上げたいと思います。

 

\全機能が使える無料プランもあります/

Catchyを試してみる

 

こんな方々には特に読んで欲しい記事になっています。

  • AIライティングツールの導入を検討している方
  • Catchyのサービスについて情報集している方
  • Catchyを導入するかどうか悩んでいる方
  • Catchyの導入は決まっているが、念のためデメリットを把握しておきたい方

本記事を最後まで読むと、Catchyの無料体験を試したくなるはずです。

 

Catchyを利用すれば、ブログ運営がさらに楽しくなること間違いありません!

 

Catchyとは

Catchyとは

「Catchy」というAIライティングツールは、キーワードを入力するだけで、キャッチコピーやテキストを自動生成してくれます。

 

アウトプットのパターンは140種類以上あり、商品説明文や事業アイデア、広告テキストなど多彩な用途に使えます。

 

プロンプトを考える必要もなく、手軽に使えるのが特徴。

 

初めての利用者は、無料で毎月10回までテキスト生成を体験できます。

 

また、Youtube動画のアイデアを出し、LPの作成にも活用できます。

 

さらに、「忘れられない元恋人への連絡」や「主人公が悪役に堕ちる話」など、ユニークな文章を生成する機能も搭載しています。

 

詳しいアウトプットパターンの一覧については、Catchyの使い方の章で確認できます。

 

Catchyはどんな使い方をすると便利なツールなのか

Catchyはどんな方が使うと便利なツールなのか

個人のブロガーから企業のマーケティング担当者まで、誰もが抱える共通の悩みがあります。

 

それは、1本の記事を作り上げるためにかかる時間が非常に長いこと。

 

もし内製で記事を作成している場合は、

  1. キーワードの選定
  2. 競合サイト(Googleで上位10サイトのチェック)の確認
  3. 情報収集(時には取材)
  4. 共起語の確認
  5. 記事の構成を決める
  6. 記事のタイトルの作成
  7. 文章の作成
  8. メタディスクリプションの作成

といった作業が必要です。

 

一方、外注する場合は、

  1. ライターの選定
  2. 費用の交渉
  3. キーワード選定
  4. 競合サイトの確認
  5. 記事の構成を決める
  6. ライターに仕事を発注

できた記事の校正(修正の指示出し)が必要です。

 

つまり、1本の記事を公開するまでには多くの時間と費用がかかってしまうのが現状です。

 

そして、企業においてはプレスリリースやメルマガの作成の必要性もあります。

 

企業であれば、プレスリリースやメルマガの作成の時など、文章を作成しなければいけないシーンもあります。

 

このような文章作成に費やす時間を短縮し、他の業務に時間を割きたいと思いませんか?

 

Catchyは、AIを利用したライティングツールです。

 

大幅に時間を短縮し、コストも安価ですので、使い勝手がとても良いのです。

 

また、Catchyは単に文章を生成するだけでなく、アイデア出しにも活用できます。

 

潜在的なユーザーの問題を入力するだけで、新しいビジネスアイデアを出してくれます。

 

Catchyは、あらゆるビジネスシーンで活躍する、あなたの専属秘書的な役割を果たしてくれるツールなのです。

 

\全機能が使える無料プランもあります/

Catchyを試してみる

 

Catchyの使い方

Catchyの使い方

Catchyの使い方は簡単。

 

Catchyの会員登録

 

会員登録をします。GoogleもしくはFacebookのアカウントを使って登録します。

 

 

手続きが終わると、こちらの画面に遷移します。

 

画面の右上に10クレジットと表記されています。

 

Freeプランは毎月10クレジットまで利用できます。
間違えないでください。毎月ですので、来月になったら、また10クレジットを付与してもらえます。

 

そうしたら、あとは左のメニューから作りたい文章を選びます。

 

記事制作

文章をリライト
文章をリライト Ver. 2
短文を長文に
記事制作の Q&A
記事アイデア
記事アイデア(商品紹介)
記事タイトル
記事の導入文
記事の見出し
記事の見出し Ver.2
記事の本文
記事の本文(見出しごと)
記事の本文(リスト記事)
記事の結論
メタディスクリプション
メルマガのタイトル
メルマガの本文
プレスリリースのたたき
プレスリリースの本文
プレスリリースのタイトル
プレスリリースの説明文
キーワードから文章生成
インタビュー記事用の質問
要点を膨らませる
箇条書きでサービスを説明

 

キャッチコピー

キャッチコピー(短め)
キャッチコピー(長め)
キャッチコピー(比喩)
マイクロコピー
10文字要約
商品説明文
イベントの参加を促すキャッチコピー

 

創作

画像生成 AI 用の英文
小説の導入文
漫画のストーリーのベースを作る
問題をベースにした物語
本の帯に載せるコメント
物語の流れ
主人公が悪役に堕ちる話を作る
ヒーロー系漫画のベースを作る
創作のヒントになるキーワード

 

メール

メールの開封率を上げる
気の利いた文章
お礼の文章
断る文章
謝る文章
相手をピリつかせないお願いメッセージ
相手の性格から褒める言葉
相手の行動から褒める言葉
遅刻の連絡
忘れられない元恋人への連絡
お金を借りたいときの連絡
マッチングアプリでの初連絡
既読無視されたときに送る連絡
誕生日のお祝い
ラブレター
10 年ぶりの連絡
気軽な同窓会のお誘い
仲直りしたいときの連絡
忘年会の参加を断る

 

広告

Google 広告のタイトル
Google 広告の説明文
FB 広告のタイトル
FB 広告のメインテキスト
FB 広告のリンク説明文
Twitter 広告のタイトル

 

SNS

Twitter 運用について相談
ツイートのネタ出し
キーワードから作るツイート
プレスリリースから作るツイート
TikTok 動画のアイデア
Instagram の投稿文
ハッシュタグ生成
バズアイデア

 

市場分析

ユーザーの課題(キーワード編)
ユーザーの課題(ターゲット編)
ユーザーの課題と解決策(サービス編)
ターゲット像
ターゲット像をより鮮明に
トピックから疑問を生成

 

ビジネス戦略

なぜなぜ分析(5 回のなぜ)
機能を価値に変換
AIDA モデル
4P モデル
QUEST モデル
BAB モデル
FAB モデル

 

起業

リーンキャンバス
ユーザーヒアリング
会社名のアイデア
キーワードから作る新規事業
課題から作る新規事業
サービスが提供する価値
サービスのミッション
サービスのモットー
新規事業のサービス名
マーケティング戦略
ピボットアイデア
ヘビーユーザーのペルソナを見つける
事業のミッション/ビジョン/バリュー
事業のWHY-HOW-WHATに答える

 

経営

企業のミッション
企業のビジョン
企業のバリュー
企業のキャッチコピー
経営目標
会社の魅力

 

サイト制作

LP 用キャッチコピー
ユーザーレビュー
CTA(読者への行動喚起)

 

動画

YouTube 動画のタイトル
YouTube 動画のアイデア
YouTube 動画の説明文
YouTube 動画のアウトライン
YouTube 動画のスクリプト
YouTube 動画のクレイジーな企画
YouTube 動画のコラボ企画

 

その他

仕事の相談
反対意見を述べる
自己紹介文
自己 PR
社歌
歌詞
楽曲名のアイデア
観光客を誘致する(自治体編)
観光客を誘致する(宿泊施設編)
初めて Catchy を利用する方へのご提案
晩ごはんのアイデア

 

作りたい文章を選んだら、それぞれのルールに従って、情報を入力するだけで、欲しい文章が生成されます。

 

作りたい文章によって、消費されるクレジットが異なるので、その点だけ注意してください。

 

Catchyのレビュー

Catchyのレビュー

本記事では、Catchy内にある「記事の本文」を紹介していきます。

 

「記事のタイトルと導入文」と「見出し」を入力するだけで、記事の本文を自動生成してくれる機能です。

 

おすすめのAIライティングツール11選【使わなきゃ損!】」の記事をベースに、Catchyに生成させた文章が以下の通りです。

 

今すぐ使えるAIライティングのおすすめツール5選!

(リード文)
ChatGPTの登場により、AIライティングの技術は飛躍的に進化し、多くの企業や個人がAIを活用したコンテンツ制作をするようになりました。しかし、AIライティングについては、その正確性、感情や表現力の欠如、著作権の問題、AIが生成したコンテンツの露出など、まだまだ多くの人が懸念を持っています。これらの問題はまだ完全に解決されていませんが、従来のライティングよりも費用対効果やスピードが高いことから、AIライティングの進化は続いています。AIライティングは、個人と仕事の両方の環境において、ますます重要な役割を果たすことが期待されています。

 

AIライティングツールとは
AIライティングツールは、人工知能(AI)を使って文章を書くコンピュータプログラムです。文書などのコンテンツを作成する際に、人間の代わりに、あるいは人間を補助するために使用することができます。AIライティングツールは、文章中のパターンや構造を識別し、オリジナルの文章を生成する技術を有しています。つまり、AIによるライティングプロセスは、従来のライティングよりも速く、費用対効果に優れているのです。

 

AIライティングツールの選び方
AIライティングツールを選ぶ際には、プログラムの正確さ、文法、言語などを考慮することが重要です。また、生成したいコンテンツの種類に適しているかどうかも考慮する必要があります。さらに、そのツールがコンテンツ管理システム(CMS)など他のソフトウェアと互換性があるかどうかも重要です。また、ツールを最大限に活用するために、ベンダーが提供するサポートのレベルも考慮することが重要です。

 

AIライティングツールのご紹介
AIライティングツールは、多数の中から選ぶことができます。Grammarly、AnswerMiner、GPT-3、Autopilot Writer、そしてAI Writer Proなどです。これらのツールはそれぞれ独自の機能を持っており、AI Writer Proは最も手頃な価格のオプションで、GPT-3は最も高度なものです。各ツールはテクニカルライティングとクリエイティブライティングに特化して設計されているので、自分にぴったりのツールを見つけることができるでしょう。

 

AIライティングツールの注意点
しかし、AIライティングツールを購入する前に、それぞれのツールに独自の長所と短所があることに注意することが重要です。例えば、Grammarlyは文法の正確さに重点を置いており、Autopilot Writerはクリエイティブな文章作成に向いています。さらに、AIライティングツールの中には、著作権の対象となる文章を生成するものもあるので、著作権の問題にも注意する必要があります。

 

AIライティングツールのメリット
AIライティングツールの利点は数多くあります。従来のライティング方法よりも高速で費用対効果が高く、高品質のコンテンツを生成し、コンテンツの編集、修正、フォーマット化も簡単に行えます。さらに、従来の方法に比べて最大100倍のテキストを提供できるため、大量のコンテンツを迅速に作成することができます。

 

AIライティングツールのデメリット
AIライティングツールには多くの利点がありますが、欠点もあります。AIツールの中には、感情や表現力のある文章を作成することが難しく、100%正確な文章を作成できない場合があります。さらに、AIが生成したコンテンツは、そのことがバレる可能性があり、プロの場で使用する予定がある場合は問題になる可能性があります。

 

まとめ
AIライティングツールは、迅速かつコスト効率よくコンテンツを生成するのに最適な方法です。テクニカルライティングとクリエイティブライティングの両方に有効で、テキストの編集、修正、書式設定を簡単に行うことができます。しかし、情緒の欠如や著作権の問題など、いくつかの欠点もあります。AIライティングツールを購入する前に、正確さや言語、各ツールの長所と短所を考慮することが重要です。結局のところ、AIライティング技術は貴重なサービスを提供することができますが、責任と倫理を持って使用するようにすることが重要です。

 

読み応えのあるしっかりとした文章を作ってもらえたというのが、僕の印象です。

 

「記事の本文」では、3クレジットを使います。

 

仮にCatchyに1本の記事を作らせる場合、
記事のタイトル」で1クレジット
記事の導入文」で2クレジット
記事の見出し」で1クレジット
メタディスクリプション」で1クレジット
を消費します。

 

つまり、1本作成には8クレジットが必要です。

 

Freeプランを使い続けるのであれば、毎月1本は確実に0円で作れることを意味します。

 

悩んでいる人
8クレジットはいくらに相当するのですか?

 

有料プランの中で最も安いのは、Starterプランで「毎月100クレジット 1ヶ月3,000円(税別)」です。

 

1本の記事を作成するためには、タイトルで1クレジット、導入文で2クレジット、見出しで1クレジット、メタディスクリプションで1クレジットの計8クレジットが必要です。

 

したがって、1本の記事を作成するためには8クレジットが必要であり、その場合の記事作成費用は、1クレジット30円で計算すると240円になります。

 

もしプロのライターに依頼する場合は、240円で作ってもらうのは不可能でしょう。

 

0が2つは付くでしょう。

 

Starterプランの場合、100クレジットが付与されるため、1ヶ月で最大12.5本の記事を生成できます。

 

1年間で計算すると、36,000円(3,000円×12ヶ月)で最大150本の記事になるのです。

 

\全機能が使える無料プランもあります/

Catchyを試してみる

 

Catchyの3つのデメリット

Catchyの3つのデメリット

Catchyには3つのデメリットがあります。

  1. 「最新情報」「ローカルな固有名詞」「略語」が苦手
  2. 自然な文章が生成できないことがある
  3. あくまでツールであること

それぞれ解説していきます。

 

「最新情報」「ローカルな固有名詞」「略語」が苦手

Catchyが利用しているAIはGPT-3です。

 

このAIが学習したデータは2021年9月までのものに限られます。

 

2023年3月に日本がWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)で優勝したことは、GPT-3は知らない情報になります。

 

また、地域固有の固有名詞や略語も正しく理解できない場合があります。

 

したがって、記事を生成する際には、誤った情報が出力される可能性があるため、チェック作業は怠らずに行う必要があります。

 

自然な文章が生成できないことがある

自動生成された文章には、時に不自然な表現や誤った情報が含まれることがあります。

 

Catchyを使用する際には、自然な文章が生成できない場合があります。

 

これはAI独特の文章と呼ばれるものです。

 

読んでいると、文章としては成立しているものの、何かが違うと感じることがあります。

 

そのため、そのような修正は人間が行わなければならないのです。

 

あくまでツールであること

Catchyは文章作成の補助ツールであり、人間が書いた文章と比較すると、個性や感情などの要素が欠けてしまうことがあります。

 

当然のことですが、AIには人間のような個性や感情はありません。

 

あなた独自の色を文章に表現するためには、現在のGPTでは難しいでしょう(将来的にはGPT-5やGPT-6でクリアできるかもしれませんが)。

 

そのため、全てのライティング作業に適しているわけではありません。

 

どこまで人間がやり、どこからCatchyに任せるかは、あなた自身または会社内でルールを決めておくべきです。

 

Catchyの4つのメリット

Catchyの4つのメリット

Catchyにはデメリットもありますが、そのデメリットを上回る4つのメリットがあります。

  1. 高い効率性
  2. 高い正確性
  3. 初心者でも使いやすい
  4. コスパがいい

それぞれ解説していきます。

 

高い効率性

Catchyには、文章の自動生成やキーワードの分析など、さまざまな機能があります。

 

そのため、ライティング作業の時間を大幅に短縮できます。

 

ライティング作業は、時間も手間もかかる作業です。

 

ライティング作業が簡略化されると、たとえば、Instagramのクリエイティブ制作に時間を費やしてサイトのアクセス数を増やしたり、Twitterの投稿や他のマーケティング業務を進められます。

 

1人で2つの役割を果たせるため、Catchyは優先して導入すべきツールです。

 

高い正確性

Catchyは、AIを使って文章を生成するため、人間が書いた文章と比べて、ミスが少なく正確性が高い文章であると言えます。

 

自然な文章ではない場合があると述べましたが、私のように文才がなく、日本語として変な文章を書いてしまうことと比べると、良い文章を生成してくれます。

 

正確性が高いので、校正作業の工数も減らせるメリットがあります。

 

初心者でも使いやすい

CatchyにはFAQコンテンツである「ヘルプサイト」が用意されていますが、僕が初めてCatchyを使用した際には、このコンテンツを一度も見ることはありませんでした。

 

実際、その存在自体に気付かなかったほど、直感的に使えるWebサイトです。
        
 
                                
今後、あなたがCatchyを使う際にも、簡単に使いこなせることでしょう。

 

コスパがいい

Catchyのレビューの章でも触れましたが、1本の記事を作るのに、240円で作れてしまいます。

 

仮にCatchyを使わずに、外注のライターに依頼する、もしくはあなた自身が書いてしまうとなっても、結局のところ、240円のコスパには勝てません。

 

※あなた自身が書けば0円と思うかもしれませんが、時給計算すれば、240円にはならないでしょう。

 

コスパ良く、大量に記事を作っていきたいというのであれば、Catchyを使うことをおすすめします。

 

Catchyの口コミ・評判

Catchyの口コミ・評判

ITreviewからの抜粋です。

 

 

 

\全機能が使える無料プランもあります/

Catchyを試してみる

 

Catchyの料金

Catchyの料金

Catchyの料金体系は以下の通りです ※2023年4月13日現在

プラン名 Free Starter Pro Enterprise
クレジット 10クレジット 毎月一定のクレジット 無制限で使える 独自生成ツール作成
料金 0円 3,000円~/月 9,800円/月 年額30万円~
別途初期費用が発生する場合がある
要お問い合わせ
付与数と料金
100クレジット:3,000円
200クレジット:5,700円
300クレジット:8,100円
機能 ・全生成ツール利用可能
・プロジェクト1つまで
・毎月10クレジット付与
・全生成ツール利用可能
・プロジェクト 無制限
・クレジットの追加購入可能
・チャットサポート
・全生成ツール利用可能
・無制限使い放題
・プロジェクト 無制限
・チャットサポート
・全生成ツール利用可能
・無制限使い放題
・プロジェクト 無制限
・チャット&ビデオサポート
・独自生成ツール作成可能

 

まとめ:Catchy(キャッチー)の使い方とレビュー

本記事を簡単にまとめると…

本記事のまとめ

Catchyとは
キーワードを入力するだけで、キャッチコピーやテキストを自動生成してくれるAIライティングツール。あなたの専属秘書的な役割を果たしてくれます。
 
Catchyの3つのデメリット

  • 「最新情報」「ローカルな固有名詞」「略語」が苦手
  • 自然な文章が生成できないことがある
  • あくまでツールであること

Catchyの4つのメリット

  • 高い効率性
  • 高い正確性
  • 初心者でも使いやすい
  • コスパがいい

 

僕の場合、副業ブロガーなので、1記事作るのに、1週間に1本もしくは2本が限界。

 

本業の方でも、(1日1本更新している方もいましたが)2日に1本が限界でしょう。

 

しかし、コンスタントに記事を更新し、全記事をSEOで上位表示させたいというのが、ブロガーやマーケターの願望です。

 

そんな願望をかなえてくれるのがCatchyです。

 

1記事240円で作れます。

 

もし、あなたが

  • 記事の更新頻度を上げたい
  • 記事作成のコストをおさえたい
  • 記事作成の品質を上げたい

という願望があれば、ぜひ一度Catchyを利用してみてください。

 

無料から始められます。

 

\全機能が使える無料プランもあります/

Catchyを試してみる

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なおやま

【IT業界歴20年目のWEB大好きマーケター】 ▶︎ WEBデザイナー → WEBディレクター → WEBマーケターに転身 ▶︎ WEBサイトに集客し、リアルの店舗に送客するビジネスが得意 ▶︎ アフィリエイト歴10年以上 ▶︎ A8アフィリエイター選手権でマスター級1位を獲得 ▶︎「Webマーケティングは面白さを当ブログで発信中

-AI×ブログ, ライティング