SEO ブログ

【SEOの外部対策】良質な被リンクとは(自前でもできる方法教えます)

2021年12月5日

【SEOの外部対策】良質な被リンクとは(自前でもできる方法教えます)
悩んでいる人
外部対策を始めるのですが、どのようにしたら良いリンクをもらうことができるのですか?

 

こんな疑問にお答えします

 

本記事の内容

  • SEOの外部対策とは
  • 内部対策との違いとは
  • 良質な被リンクとは
  • 自分でできる外部対策とは

 

本記事の執筆者

NaoYamaBlogの運営者「なおやま」の紹介

なおやま(@naoyama_san

 

SEOの内部対策は自分でできますが、外部対策は他の人たちにお願いしないといけないので、難易度が高いと言われています。

 

 

外部対策は、なぜ難易度が高いのか、高いけれども解決策もあるので、その辺を本記事で触れていこうと思います。

 

こんな方々には特に読んで欲しい記事になっています。

  • 外部対策とは何か理解できていない方
  • 外部対策で画期的な解決方法を知りたいと思っている方
  • 外部対策に苦戦している方

 

もちろん、内部対策をした上での話にはなりますが、本記事を読んで、即実践すれば、効果が順位に現れるでしょう。

 

ぜひ、試してみてください。

SEOの外部対策とは

SEOの外部対策とは

他のWebサイトやブログから、あなたのブログにリンクが張られている(被リンク)ことが、まず大事。

 

ただ、リンクが多数張られていれば、Googleに高い評価してもらえるのかと言うと、そうでもありません。

 

悩んでいる人
なんで、たくさんリンクが張られているのに、評価されないのですか?

 

自作自演が簡単にできてしまうからです。

 

自作自演とは、Amebaブログのような、無料で簡単に作れるブログを利用し、記事を書き、上位表示させたい本命のブログにリンクを張ります。

 

あたかも、他人がリンクを張ってくれたように見せる方法があるのです。

 

これをGoogleはPBN(プライベート・ブログ・ネットワーク)と呼んでいます。

 

昔、Googleは被リンクの数を、順位を決める要素にしていた時代がありました。

 

このPBNをするユーザーが多数現れたため、GoogleはPBNを評価しないアルゴリズムにしたのです。

 

1つ間違った認識をしてもらいたくないのは、これはあくまでも「質の低いブログからリンクが張ることがよくない」と言っています。

 

質の高いブログからのリンク(良質なリンク)は、評価されますので、その点だけは勘違いしないようにしてください。

 

検索順位を上げるための、悪意がある不正リンクは、Googleは良しとしていません。

 

場合によってはペナルティが課せられ、順位が大幅に下がるリスクがあります。

 

SEOの外部対策だからと言って、被リンクを無理矢理増やすのはやめましょう。

 

外部対策と内部対策の違い

外部対策と内部対策の違い

前述しましたが、内部対策は、あなたが設定やコントロールできる対策。

 

一方、外部対策はあなた1人だけではできない対策になります。

 

外部対策に大事なことは、他のブロガーがあなたの記事を読んで、「自分のブログでも紹介したい」と思ってもらえるかです。

 

外部対策で大事な「良質な被リンク」とは

外部対策で大事な「良質な被リンク」とは

Googleが評価してもらえる被リンクは、ひと言で言ってしまえば「良質な被リンク」であれば、評価してもらえます。

 

悩んでいる人
「良質な被リンク」とはどんなリンクですか?

 

3つありますが、正直言って、難易度が高いのです。

  1. 権威があるサイトからの被リンク
  2. 関連性が高いサイトからの被リンク
  3. 人気あるサイトからの被リンク

 

権威があるサイトからの被リンク

悩んでいる人
権威のあるサイトとはどんなWebサイトのことですか?

 

  • 特定のジャンルにおいて、そのジャンルに属するグループから尊敬されているサイト
  • 政府機関や大学や上場企業のような大きな影響力を持つサイト

 

このようなWebサイトは、Googleは「シード」と呼ばれるサイトとして定義しています。

 

この「シード」からどのくらい距離が離れているかで、評価が高い低いを判断していると思われます。(実際に、Googleが評価に使っているかどうかは定かではありません。)

 

Googleが取得している特許より(US9165040B1

 

パターン①


シード(権威あるサイト)→ブログA→あなたのブログ

 

パターン②


シード(権威あるサイト)→ブログA→ブログB→ブログC→ブログD→あなたのブログ

 

パターン①の場合、シードからあなたのブログまでの距離が短いので、あなたのブログは高い評価がされます。

 

パターン②の場合、シードからあなたのブログまでの距離が遠いので、あなたのブログは評価が低くなります。

 

関連性が高いサイトからの被リンク

NaoYama BlogはWebマーケティングに関するブログであるので、同じWebマーケティングに関するWebサイトからリンクがもらえると、Googleの評価が上がります。

 

Webマーケティングに関するブログなのに、野球に関するブログからリンクが張られた場合には、関連性が低いので、Googleは高い評価してくれないのです。

 

人気あるサイトからの被リンク

誰も知っているようなサイトからリンクされた場合には、Googleは「信用あるサイト」として評価してもらえます。

 

人気あるサイトの運営者が、SNSもやっているなら、SNSで覚えてもらうために積極的にコメントやいいねを残し、あなたのブログの存在を知ってもらうことで、どこかのタイミングで被リンクがもらえるかもしれません。

 

簡単そうに見えて、最も難易度高いのが、人気あるサイトからの被リンクなのです。

 

自分でできるSEOの外部対策【基礎編】

自分でできるSEOの外部対策【基礎編】

基本的には、ブログやWebサイトの運営者がリンクするしないの判断するので、外部対策は難しいのですが、あなた自身でもできる外部対策が実はあります。

 

しかも「人気あるサイトからの被リンク」なので、評価が上がる可能性が高いのです。

 

その手法は、自分でできる良質なリンクの生成です。

 

良質なリンクの作成ができるWebサイトをご紹介します。

 

  • HTML名刺
  • lit.link
  • ペライチ
  • ブログサークル
  • はてなブックマーク
  • Pinterest
  • NewsPicks
  • Tumblr
  • にほんブログ村

 

外部対策に効果がありそうで、効果がないWebサイト

  • note
  • Pinterest
  • Yahoo知恵袋

 

それぞれ、説明していきます。

 

各サイトで紹介するドメインパワーは、パワーランクチェックツールで調べた結果です。

 

HTML名刺

ドメインパワー(63.0)※2022年12月29日調べ

 

HTML名刺

 

HTML名刺とは、シンプルな自己紹介サイトを作れるサービスです。

 

複数のSNSのアカウントを持っていたり、ブログを持っていたりと、紹介したいURLが複数あるけど、SNSのプロフィールに載せられるリンクは1つなので、どのURLをリンクさせるか迷った経験はありませんか?

 

その時に活躍するのがHTML名刺。

 

1つの紹介ページに複数のURLを掲載できるので、SNSからリンクさせる際、このページにリンクさせてしまえばOKなのです。

 

HTML名刺に登録する

 

lit.link

ドメインパワー(75.1)※2022年12月29日調べ

 

 

HTML名刺と同じ、自己紹介サイトです。

 

ただ、デザインが自由に選べる点が違います。

 

lit.linkに登録する

 

ペライチ

ドメインパワー(85.2)※2022年12月29日調べ

 

ペライチ

 

オンライン上で、HTMLの知識を必要なしで、ドラッグ&ドロップで高品質なWebサイトを構築できるサービスです。

 

 

月額1,078円から利用できるのですが、スタートプランという0円から利用できるプランもあります。

 

今回の外部対策の目的であれば、スタートプランで十分です。

 

こちらが、僕がペライチで作ったページです。

 

今回はSEO目的に作ったページのため、内容は簡素化されていますが、もっと内容を濃くすることは可能です。

 

作り方は簡単なので、会員登録してから試してみてください。

 

大事 あなたのブログに誘導するリンクを忘れずに。

 

ペライチ【スタートプラン】に登録する

 

ブログサークル

ドメインパワー(70.8)※2022年12月29日調べ

 

ブログサークル

 

ブログサークルは、ブログにフォーカスしたコミュニティサービス。

 

自分が興味あるブログに関係するサークルに参加して、情報交換をしたり、自分のブログ記事を紹介したりと、ブロガー同士が活発に交流しています。

 

集まっている人たちの目的がみんな一緒なので、あなたのブログ記事が読まれる可能性が高いです。

 

登録したら積極的に投稿や交流してみましょう。

 

ブログサークルに参加する

 

はてなブックマーク

ドメインパワー(89.8)※2022年12月29日調べ

 

はてなブックマーク

 

ソーシャルブックマークとして有名な「はてなブックマーク」

 

お気に入り登録された数が多くなると、はてなブックマークのサイト上でも大きく取り上げてもらえるので、アクセス数が急増します。

 

ブックマークされている件数が多い記事は、本当に勉強になります。

 

ついつい読み更けてしまうほど、良質な記事が集まっています。

 

まずは、はてなブックマークに登録して、あなた自身が自分のブログ記事をブックマークして外部対策しましょう。

 

はてなブックマークに登録する

 

NewsPicks

ドメインパワー(84.6)※2022年12月29日調べ

 

 

「経済を、もっとおもしろく。」がコンセプト。

 

ビジネスパーソンや就活生の必携と言っても過言ではない、ソーシャル経済メディアのNewsPicks。

 

国内外の最先端の経済ニュースを専門家や著名人の解説しているので、ニュースがよく分かります。

 

ニュースの内容だけでは理解できなかったが、解説者が説明してくれたことで、「そういうニュースなのね」と納得・理解できた経験はありませんか?

 

そういうのを体験できるニュースサイト(アプリの方が有名かも?)です。

 

このNewsPicksに、会員登録してプロフィールを入力する画面に、あなたのブログのURLを入力できる箇所があります。

 

SEOの外部対策になります。

 

NewsPicks内で、あなた独自の意見を発信していけば、「この人、どんな人だろう?」と思われ、プロフィールを見られる機会が増えます。

 

ブログへの流入が期待できるでしょう。

 

NewsPicksに会員登録する

 

Tumblr

ドメインパワー(97.3)※2022年12月29日調べ

 

Tumblr

 

Tumblr(タンブラー)は、アメリカ発のSNSです。

 

Tumblrでは「文章」や「画像」だけでなく、「動画」や「音声」など幅広い種類のメディアを投稿できます。

 

日本のユーザーは少ないのですが、SEOの外部対策にはなります。

 

特殊なSNSですので、使いこなすには慣れが必要です。

 

Tumblrに会員登録する

 

にほんブログ村

ドメインパワー(92.5)※2022年12月29日調べ

 

にほんブログ村

 

にほんブログ村は、ブログランキングサイトです。

 

外部対策には欠かせないWebサイトです。

 

必ず登録しましょう。

 

にほんブログ村に登録する

 

外部対策に効果がありそうで、効果がないWebサイト

nofollowとは

リンクのnofollow属性とは、設置することで、「このページにある全てのリンクをたどらない」または、「ある一つのリンクをたどらない」といった指示を、Googleを始めとした検索エンジンのクローラーに伝える役割があります。
リンク元が良質なリンクだったとしても、nofollowが設定されていた場合には、SEOとしては効果がありません。
ただし、URLは生きているので、アクセス数は増える可能性はあります。

 

note

noteとは、クリエイターが文章や画像、音声、動画を投稿し、ユーザーがそのコンテンツを楽しんで応援できるメディアプラットフォームです。

 

ブロガーであれば、noteで記事を書き、記事の販売目的で利用している方が多いのではないでしょうか。

 

以前のnoteは、記事内のURLにnofollowがなかったのですが、現在は付いているために、SEOの外部対策の役割としては弱いのです。

 

noteに会員登録する

 

Pinterest

Pinterestは画像をブックマークするSNSです。

 

TwitterやFacebookと比べてしまうと利用者は、かなり少ないのです。

 

Twitter:4,500万人
Facebook:2,600万人
Pinterest:870万人

引用元:【2021年11月更新】主要ソーシャルメディアのユーザー数まとめ | 株式会社ユニアド

 

しかし、男女の比率で女性が80%であったりと、情報の集めやすさが他のSNSにはない機能があったりと、利用していくと面白いサービスです。

 

ただ、どの画像が他のユーザーに刺さるか分からないので、様々なパターンを作っては試していく必要があります。

 

投稿した内容にブログ記事のURLを入れられますが、残念ながらnofollowが付いているため、SEOの外部対策にはなりません。

 

Pinterestに登録する

 

Yahoo知恵袋

誰でも質問や回答の投稿ができるYahoo知恵袋には、URLを入れて投稿ができます。

 

一度、投稿したものは半永久的に残り続けるので、アクセス数を増やす上では、URL入りの投稿は必要です。

 

ただ、このURLにはnofollowが設定されているので、外部対策にはなりません。

 

しかし、Yahooのアクセス数は今でも多いのです。

 

similarwebで調べた結果がこちら。

 

 

1ヶ月に22億7千万の訪問数があり、国内2位のアクセス数です。

 

流入数を増やす上でも、積極的に回答していくといいでしょう。

 

Yahoo知恵袋に投稿する

 

自分でできるSEOの外部対策【応用編】

自分でできるSEOの外部対策【応用編】

【基礎編】は、自分でWebサイトに登録すれば、外部対策ができる内容でした。

 

本チャプターの【応用編】は、難易度が上がりますが、3つの手法をご紹介します。

 

  1. サイトの相互紹介
  2. 記事の寄稿
  3. 引用されやすい記事を書く

 

それぞれ解説していきます。

 

サイトの相互紹介

まだSEOという言葉が世の中になかった時に、アクセス数が欲しかった時にやっていた施策がありました。

 

それは「相互リンク」です。
Twitterには、「相互フォロー」というのがまだ残っていますが、それに近しいものです。

 

当時、個人のサイトには、相互リンク用のページが設けられており、メールで連絡して相互リンクするという風習がありました。

 

しかし、ブログが出回り、相互リンクというものがなくなり、簡単にできるようにならなくなったのです。

 

「参考にすべきサイト紹介」みたいな記事の中で、他のブログを紹介するというのを時々見ますが、非常に少なくなっている手法です。

 

お互いにWin-Winになるような、相互リンクはないかを模索するしかありません。

 

記事の寄稿

本来、自分で書いた記事は、自分のブログに投稿するのが当たり前ですが、あえて他のブログに寄稿する手法があります。

 

ブロガーとして有名なクニトミさんは、寄稿という契約方法ではないかもしれませんが、他のブログで記事を書いています。

 

クニトミさんのブログ:副業コンパス

 

クニトミさんが寄稿している記事

 

このように、他のブログに記事を寄稿することで、「この記事を書いた人」として紹介されるので、その際にあなたのブログが確実にリンクしてもらえます。

 

寄稿された側は1つ記事が増えますし、寄稿した側はリンクが1つ増えるということで、お互いにWin-Winになるので、効果的な手法です。

 

引用されやすい記事を書く

記事の一部を引用する際には、リンクを添えて文章を引用するのは鉄則です。

 

そうです。

 

引用されやすい記事を書けば、リンクが自ずと増えていくのです。

 

引用されやすい記事とは何か?

 

僕の記事が引用されるケースが少ないので、僕が引用する場合、ケースは以下の通りです。

  • 独自で集めた情報を分かりやすく図解した記事
  • 独自の切り口から書いた記事
  • 独自で集計したアンケート結果
  • 海外の情報を翻訳した記事

 

他の記事では扱っていない、オリジナルの情報や考え方を記事化したのは、他のブロガーが記事にする上で重宝されるのです。

 

まとめ:【SEOの外部対策】良質な被リンクとは(自前でもできる方法教えます)

本記事を簡単にまとめると…

本記事のまとめ

外部対策で大事な「良質な被リンク」とは

  • 権威があるサイトからの被リンク
  • 関連性が高いサイトからの被リンク
  • 人気あるサイトからの被リンク

自分でできるSEOの外部対策【基礎編】

  • HTML名刺
  • lit.link
  • ペライチ
  • ブログサークル
  • はてなブックマーク
  • Pinterest
  • NewsPicks
  • Tumblr
  • にほんブログ村

自分でできるSEOの外部対策【応用編】

  • サイトの相互紹介
  • 記事の寄稿
  • 引用されやすい記事を書く

 

SEOの外部対策は、Google VS SEOをする人との戦いで、難易度が上がっています。

 

上記のまとめにも書きましたが、3つの良質なリンクを集めなければなりません。

 

SEO会社で、外部対策だけをするという会社もありましたが、ほぼ難しいでしょう。

 

オリジナルの情報を発信し、それを見た他のブロガーが、あなたの記事は参考となるので引用する、そして時にはインフルエンサーからも注目してもらえる。

 

この循環ができたら、外部対策は完成でしょう。

 

ですが、なかなかできないのが現実です。

 

質の高い記事を書いて、読者や他のブロガーに信頼を積むことが、まずは大事なことです。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

なおやま

【IT業界歴20年目のWEB大好きマーケター】 ▶︎ WEBデザイナー → WEBディレクター → WEBマーケターに転身 ▶︎ WEBサイトに集客し、リアルの店舗に送客するビジネスが得意 ▶︎ アフィリエイト歴10年以上 ▶︎ A8アフィリエイター選手権でマスター級1位を獲得 ▶︎「Webマーケティングは面白さを当ブログで発信中

-SEO, ブログ